Linux をデスクトップ OS として使う情報をメインに、オープンソース、フリーソフトウェア、クロスプラットフォームを中心とした FOSS (FLOSS) っぽいPC情報をお届けします。たまには Microsoft や Apple 、ガジェットや Web サービス、ときどき関係ないことも?!

今、注目度 No.1 の MX Linux 18.3 がリリースされたので、

time 2019/05/28

広告

注目度も人気も急上昇中の MX Linux の最新版となる 18.3 が、2019年5月26日にリリースされた。

sponsored link

MX Linux とは?

https://mxlinux.org/

MX Linux は antiX と旧 MEPIS Linux コミュニティの共同ベンチャーで開発されている、Debian 安定版をベースとしたデスクトップ指向の Linux ディストリビューション(以降ディストロ)である。

超軽量の antiX に、見た目の良い MEPIS のテイストが合わさって、軽量(プロジェクトサイトではミッドウェイ:中量級としている)でエレガントな MX Linux が生まれた。

デフォルトのデスクトップ環境として Xfce が採用されており、軽量かつエレガントな見た目が実現された。

また、シンプルな構成のシステムなので、安定性も高く堅実なパフォーマンスが発揮されている。

ちなみに開発当初、認知度を高めるため DistroWatch.com の掲載を目的とし、antiX の別バージョンとして登場した。

そのためか最近まで Web サイトは antiX と共有のものだった。

現在の Web サイトは MX Linux 専用のサイトになっている。


今回の変更点は?

今回の MX は、バグの修正やアプリケーションの更新を中心としたリフレッシュリリース。

より詳しい情報は
https://mxlinux.org/blog/mx-18-3-refreshed-isos-now-available/

前回バージョン MX Linux 18.2 の記事
MX Linux の日本語環境の設定についての記事


MX Linux の概要

  • ベース: Debian (Stable), antiX
  • アーキテクチャ: i686, x86_64
  • デスクトップ環境: Xfce
  • パッケージ管理: dpkg (APT)

MX Linux をインストールするのに必要なスペックは?(推奨の)

  • CPU: i686 以上のプロセッサ
  • RAM: 512 MB (2 GB 以上)
  • DISK: 5 GB (20 GB 以上)
  • グラフィック: 3D ビデオカード推奨
  • ブロードバンドインターネット接続

主なアプリケーション

  • ブラウザ: Firefox
  • メール: Thunderbird
  • オフィス: LibreOffice
  • グラフィック: GIMP
  • ミュージック: Clementine
  • マルチメディア: VLC メディアプレイヤー

より詳しい情報は
https://mxlinux.org/current-release-features/


個人的な意見ですが、

正直なところ、なぜ MX がこれほどまでに注目されているかわからない。

確かに軽量で使いやすく、安定している Linux だけれども、圧倒的な特徴が見当たらない。

以下はあくまでも僕個人の考察だけれども、最近ヒットランキング上位にいる Linux ディストロの注目される点を挙げてみた。

例えば DistroWatch.com で 2018 年、もっとも注目を浴びた Manjaro で言えば、上級者向けだった Arch Linux が初心者でも扱えるようになったという点が注目されたのだろう。

Manjaro Linux のスクリーンショット

同じく DistroWatch.com で 2011 年から 2017 年の間トップに君臨していた Mint で言えば、本家 Ubuntu よりも さらに Linux 初心者でも初見で使いやすい OS として開発され、様々なドライバやコーデックなどが用意されていた点が注目されたのだろう。

Linux Mint のスクリーンショット

Debian や Ubuntu 、Fedora 、openSUSE などのいわゆるビッグネームは、Linux に興味を持てば一度は触れてみたいディストロだと考える。

また macOS を意識したインターフェースや特徴的な開発コンセプトをもつ elementary OS や、フルスクラッチされ独自のデスクトップ環境まで開発した Solus 、Windows からの代替えを主な目的として可能な限り Windows の使い勝手に近づけた Zorin OS など、ヒットランキング上位に並ぶ Linux には、それなりに目立つ点がある。

そこから言うと MX は、優等生ではあるけれども他よりも個性が薄いように感じていた。

しかしながら、独自の MX tools は、開発が進むに連れ、効率が非常に良くなり使い勝手も向上した。

MX tools

一見すると Xfce 設定マネージャにも見えるが、これが病みつきになる。

Xfce 設定マネージャー

MX tools の中でも、特に便利だと思ったのが MX パッケージインストーラー。

MX パッケージインストーラー

見た目は地味で、使い方も Synaptic パッケージマネージャに似ている。

が、使いたいパッケージの依存関係にあるプログラムを、自動的に選択し一緒にインストールしてくれる MX パッケージインストーラは、Synaptic 以上に初心者向けといえる。

また最近の MX は、他のディストロよりも有名になろうとしている意思が Web サイトや、ブログから垣間見える。

積極的で堅実な開発姿勢と地味ながらパワフルなツールの開発が、たくさんのユーザーの注目を浴びたに違いない。

MX-18.3 に興味を持ったアナタは、下の URL を今すぐクリック!

MX-18.3 をダウンロードする
https://mxlinux.org/download-links/

sponsored link

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください



sponsored link

おすすめLinux本