Puppy Linux 8.0の日本語入力設定に挑戦!

日本語表示ができるようになった Puppy Linux 8.0 (Bionicpup 8.0)だけれども、まだ日本語入力ができない。

日本語入力ができるようにする設定に挑戦した。

入力メソッドの設定

” lang_pack_jp-2.1.sfs “ をインストールした直後、メニュー一覧に「 SCIM 入力メソッドの設定」という項目が出現する。

「メニュー」⇒「デスクトップ」⇒「SCIM 入力メソッドの設定」

scim-bridge を有効/無効にするためだけの設定なので、どの入力システムを使うかなどという項目はない。

一部アプリケーションで SCIM が起動しない不具合を解消するためのものらしい。
せっかくなので「」を入れておこう。

「 OK 」をクリックすると X サーバーの再起動を促される。

問題がなければ「はい」をクリック。

後回しでも問題ないけれども、急ぐ必要もないので再起動しておいた。

再起動しても画面には何の変化もない。


パッケージのインストール

次に Puppy パッケージマネージャを使って、必要なパッケージをインストールする。

デスクトップにあるインストールから「パピーパッケージマネージャ」を起動させる。

「インストール」アイコンをシングルクリックすると…
「パピーをインストール」が表示されるが、ウィンドウ上部の「アプリケーションをインストール」タブをクリック。
アプリケーションを管理するためのツールが表示される。
追加のパッケージを探すには「パピーパッケージマネージャ」をクリック。

ちなみに「Puppy パッケージマネージャ」は、メニュー画面からも起動できる。

「メニュー」⇒「セットアップ」⇒「Puppy パッケージマネージャ」

Puppy パッケージマネージャ

Puppy パッケージマネージャでは、Ubuntu bionic のパッケージも検索することができる。

Puppy パッケージマネージャ

ほかの Linux のパッケージマネージャ同様、検索窓にキーワードを入力して検索することができる。

今回は SCIM で使える入力システムを検索するため「SCIM」を入力。

いくつか候補が表示される。

一覧から「scim-anthy_1.2.7-7」をクリック。

任意のパッケージをクリックすると、ウィンドウ下部にある「 Packages to install 」の欄に追加される。

「 Packages to install 」に追加された「 scim-anty_1.2.7-7 」

少し待つと、ウィンドウ最下部に依存関係のあるパッケージを自動検索し、そおの数をなどを表示してくれる。

必要なパッケージをすべて選択したら、検索窓の右側にある「 Do it! 」をクリックし、インストールを実行する。

今回は scim-anty_1.2.7-7 」だけ。

インストール中は、ウィンドウ最下部のインジケーターで進捗状況が確認できる。

インストール中の画面。

パッケージのインストールが終わると、以下のような画面が表示される。

今回はすべて成功 (Success)したようだ。

パッケージのインストールが終わったら、X サーバーを再起動させる。

「メニュー」⇒「シャットダウン」⇒「X サーバー再スタート」

X サーバーを再起動させると、画面右下にキーボードっぽいアイコンが出現する。

今までなかったアイコンが出現した。


SCIMの設定

出現したアイコンを右クリックすると「SCIMを設定」などのメニューが表示される。

まずは「SCIMを設定」で内容を確認してみる。

このウィンドウでは、全体の設定や IM エンジン(入力システム)などの設定が行われる。

よく見るとけっこう歴史あるユーティリティのようだ。

まずは「フロントエンド」の項目にある、「全体設定」を確認してみた。

キーボード配列が「不明」になっていたので、まずはコレを修正する。

項目右側にある「▼」をクリック。
言語一覧が表示されるので「日本語」を見つけて設定する。

次にホットキーの設定内容を確認する。

「開始/終了」項目の右側にある「…」をクリック。
画面左上に飛び出すウィンドウ。

様々なキーの組み合わせが設定できるようだ。

「全角/半角(Zenkaku Hankaku)」の設定もすでに設定済みになっていたので、この項目は確認するだけ。

好みのキーの組み合わせがあれば、ここで設定する。

設定の反映は「」をクリック。

一通り設定が終わったら「↲」キーをクリックする。

警告ウィンドウが表示される。「OK」をクリックしてすすめる。

設定を反映させるために、右クリックで表示したメニューから「設定をリロード」を選択。

アイコンを右クリック⇒「設定をリロード」

これで SCIM に設定が反映された(はず)。

ちなみに、なぜかアイコンの位置が移動する SCIM 。


確認

きちんと日本語入力ができるようになったか、「ワープロ」を使って確認してみた。

無事に日本語入力ができるようになった。
日本語入力中はパレットが出現する。

ただひとつ残念に思ったのは、インライン入力ができないこと。

インライン入力をご存じない方のためにザックリ説明すると、入力中の文字列のなかで「かな漢字変換」ができる方式のことで、最近のアプリケーションのほとんどが、このインライン入力ができる。

SCIM ではインライン入力ができないため、入力中はアプリケーションウィンドウの外側に入力している文字が表示される。

アプリケーションウィンドウの外側に表示される、入力中の文字。

慣れの問題かもしれないが、直感的に使えるインライン入力に慣れてしまっていると、使いづらさを感じてしまう僕はワガママなのだろうか?

とにかくこれで、Puppy Linux 8.0 (Bionicpup 8.0) の日本語化ができた。


おまけ、

入力メソッドとして iBus や Fcitx なども試してみたけれども、パッケージをそのままインストールしただけでは使うことができなかった。

何かしらの作業が必要になるっぽい。

また IM エンジン(入力システム)についてもいろいろ試してみたけれども、やっぱりパッケージをそのままインストールして使えたのは Anthy だけだった。(かんなも使えそうだったが…)

特別なこだわりがなければ、まずは今回の設定で使うことができる。

また Puppy は、CD から起動させて USB にインストールしたり、普通に HDD や SSD などの内部ストレージにインストールすることもできる。

もちろん起動用に用意した USB の Puppy をそのまま使い続けることができたりと、インストールの枠にもとらわれない自由な Linux だ。

超軽量の Linux ディストリビューションなので、中古PCの再生などに重宝すること間違いなし!

Puppy Linux 8.0 に興味を持ったアナタは URL を今すぐクリック!
http://puppylinux.com