Peppermint 10 Respin: 英国の発超軽量 Linux がリリースされたので試してみた。

英国で開発されている Lubuntu ベースのディストリビューション、Peppermint の最新版となる 10 が、2019年5月17日にリリースされた。

Peppermint とは?

https://peppermintos.com/

Peppermint OS は、Xfce および LXDE デスクトップ環境のコンポーネントを統合し、 Ubuntu 長期サポート (LTS) をベースとした軽量の Linux デスクトップディストリビューション。

Peppermint OS はまた、独自の「Ice」を使って SSB (Site Specific Browser: サイト固有のブラウザ) を作成することができる。

SSB を使って Web アプリを簡単に使う。

SSB は Web アプリをより簡単に、ローカルディスクにダウンロードしたもののように使うことができるのが特徴。

Peppermint 10 Respin の変更点はこちら
https://peppermintos.com/2019/12/peppermint-10-respin-released/

Peppermint 10 Respin の概要

  • ベース: Lubuntu LTS
  • アーキテクチャ: i386, x86_64
  • デスクトップ環境: LXDE, Xfce
  • パッケージ管理: dpkg (APT)
  • カーネル: 5.0.0-37

主なアプリケーション (SSB)

  • ブラウザ: Firefox
  • オフィス: (Microsoft Office Online)
  • グラフィック: (Pixlr)
  • マルチメディア: メディアプレイヤー

アプリケーションの多くは Ice を使って Web アプリをローカルアプリのように使うことができる。

Peppermint をインストールするのに最小のスペックは?(推奨)

  • CPU: Intel x86 (x86_64またはamd64互換プロセッサ)
  • RAM: 512 MB (2 GB 以上)
  • DISK: 3.8 GB (4 GB 以上)

より詳しい情報は
https://peppermintos.com/guide/downloading/

個人的な意見ですが、

大好きな Linux でもあり、普段使いしている Peppermint の最新版と聞いて飛びついた。

このブログでは何度も紹介しているけれども、その魅力を十分に伝え切れているか正直自信がない。

それくらい溺愛している Linux ディストリビューションになる。

見た目の魅力。

macOS や Youtube などで「ダークテーマ」が使われるようになる前から、Peppermint ではダークテーマのようなインターフェイスが使われていた。

Peppermint は早い段階でダークテーマを取り入れていた。

しかも配色が独特なため、見た目は非常に派手に見える。

また、ファイルマネージャーに Cinnamon デスクトップ環境で使われている非常にスムーズな Nemo ファイルマネージャが採用されており、リモートネットワーク共有への簡単に接続できるほか、デスクトップアイコンのきめ細かな制御、カスタムアクションスクリプト、および新しい壁紙マネージャーと一緒にデスクトップの背景を簡単に構成できる。

派手だけではない、堅実な作りといえる。

動作環境と日本語環境。

しかしながら使ってみると、Lubuntu をベースとしているため、上記にあるハードウェア要件でもわかるとおり、古いマシンでも動作は非常に軽快で問題なく動いてくれる。

また、日本語対応について以前のアップデートから設定が不要になった。

OS のインストール時に Fcitx と Fcitx-Mozc がインストールされる。

https://pc-freedom.net/today_pc_story/peppermint-9-respin-2-がリリースされたので、/

文字化けもなく、インストール直後から日本語入力までできるようになった。

必要なシステム要件の面やリソースの面から言って、個人的には Peppermint がいちばんの再生 PC の救世主だと思っている。

Webアプリケーション管理ツール「Ice」。

Peppermint いちばんの特徴とも言える、独自の Web アプリケーション管理ツール「Ice」を使って SSB (Site Specific Browser: サイト固有のブラウザ) を作成することができる。

SSB は Web 上にあるアプリをローカルにインストールされたアプリと同じように使えるようにしている便利な機能。これによりストレージの空きスペースが少なくても、安心して使うことができる。

デュアル・マルチブートなどを考えているユーザーにも、空きスペースで頭を悩ませることがなくなるだろう。

Peppermint と Lubuntu との比較

デスクトップ環境。

Peppermint も基本的には Ubuntu をベースとし、リポジトリも Ubuntu のものをメインに Peppermint 独自のものを提供している。

デスクトップ環境は LXDE をベースに Xfce の機能を追加したような環境のため、一般的な LXDE デスクトップ環境とは少し異なる。

そのため、以前の記事で LXDE デスクトップ環境の Linux ディストリビューションを比較紹介したとおり、LXDE デスクトップ環境としては RAM 使用量がほかよりも少し多めになっている。

以前の記事
https://pc-freedom.net/linux/lxle-18-04-3-release/#LXLE_Lubuntu

実質的には LXDE と Xfce の中間程度の RAM 使用量になる。

とはいえ繰り返しお伝えしている通り、ハードウェア要件は非常に低いので、古いマシンでも安心して使える。

アプリケーション。

インストールされているデスクトップ向けアプリケーションも、 Peppermint は Ice SSB による Web アプリケーションを中心に構成されているので、ブラウザ+ Ice というのがメインになる。

もちろんアクセサリーやユーティリティもあるが、Peppermint には LXDE だけではなく Xfce のものも含まれる。

GNOME や Plasma といった環境よりも少ない RAM で動作しながらも、それらに近い環境を作るための努力が伺い知れる。

なので調整さえ行えば、より軽快な環境も実現できる。

見た目は派手だけれども、実に堅実でアイディア豊かな Linux ディストリビューションである。

Peppermint の良かった点・悪かった点

良い

  • 見た目がかっこいい!(ボク好み)
  • 軽くてサクサク動いてくれる!
  • Ice があれば、ストレージ容量が少なくても安心!
  • 日本語入力環境もバッチリ!

悪い

  • Peppermint Settings Panel が翻訳されていないので、英語が苦手な人は大変かも。

Peppermint のおすすめ度(5段階評価)

初心者向け度… ★★★★☆

Linux 初心者でも迷わず使えるかどうか。★が多いほどデスクトップ指向。

Ubuntu ベースなうえレイアウトも Windows っぽいので、初心者でも問題なく使い始められる。慣れないうちは Ice の設定に戸惑うかも。

日本語の環境… ★★★★☆

日本語表示および日本語入力ができるかどうか。★が多いほど設定も簡単。

日本語での表示はもちろん、インストールも日本語でできるうえ、インストール直後も特別な設定なくして日本語入力ができる。残念なのは一部の項目(特に設定画面)が日本語翻訳されていない。

システム要件… ★★★★★

Linux のなかでも軽量なディストリビューションなので Windows XP 世代や Vista 世代のマシンでもサクサク軽快に動作してくれる。

総おすすめ度… ★★★★★

全体的なおすすめ度。★が多いほどアナタに使ってみて欲しい Linux。

その見た目と軽量性・安定性で溺愛している Linux ディストリビューション。特に Ice を一度使ってみると Linux の概念が変わるかもしれません。何度も繰り返すけれども、派手な見た目とは裏腹に、実に堅実でアイディア豊かな Linux ディストリビューションをアナタにもぜひ使ってほしい!

Peppermint に興味を持ったアナタは、下の URL を今すぐクリック!
ダウンロードするhttps://peppermintos.com/guide/downloading/