LXLE 18.04.3: USA発Lubuntuベースの軽量Linuxを試してみた。

USA で開発されている Lubuntu ベースの軽量 Linux ディストリビューション LXLE の最新版 18.04.3 が、2019年9月9日似リリースされた。

LXLE とはどんな OS ?

LXLE 18.04.3: USA発Lubuntuベースの軽量Linuxを試してみた。
https://www.lxle.net/

LXLE は、LXDE デスクトップ環境を使用する Lubuntu ベースの Linux ディストリビューション。

古い PC の再生を目的として設計されており、システムリソースを節約しつつ誰でもかんたんに使えるよう開発されている。

LXLE 自体は Ubuntu と同じ LTS スケジュールでリリースされ、リポジトリも Ubuntu と共通のものが利用できる。

また LXLE は Lubuntu のシステムやアプリを取捨選択し、より古いマシンでも使えるよう再調整した、折衷的なリスピンとしてフォーラムベースのユーザーサポートを用意している。

今回の変更点は?

バグ修正などの問題解決のほか、さまざまなアプリケーションが置き換え、または削除された。

置き換えられたアプリケーション

  • GIMP ⇒ Pinta
  • Htop ⇒ Lxtask
  • デフォルトターミナル ⇒ sakura
  • FBreder ⇒ Bookworm
  • OpenShot ⇒ Pitivi
  • Libreoffice ⇒ GOffice (Abiword, Gnumeric, Spice-Up)
  • 削除されたアプリケーション
  • パルスオーディオイコライザー
  • Lubuntu Software Center
  • Java OpenJDKはほとんど

など。

より詳しい情報は
https://lxle.net/articles/?post=lxle-18043-released

LXLE 18.04.3 の概要

  • ベース: Lubuntu (Ubuntu, Debian)
  • アーキテクチャ: i386, x86_64
  • デスクトップ環境: LXDE
  • パッケージ管理: dpkg (APT)

LXLE をインストールするのに必要なスペックは?(推奨)

  • CPU: Intel Pentium 4, Pentium M, AMD K8 以上
  • RAM: 512 MB (512 MB 以上)
  • DISK: 8 GB (20 GB 以上)
  • モニタ: XGA (1024×768 以上)

主なアプリケーション

  • ブラウザ: SeaMonkey
  • メール: SeaMonkey Mail / News / RSS Client
  • オフィス: GOffice (Abiword, Gnumeric, Spice-Up)
  • グラフィック: Pinta
  • ミュージック: Guayadeque ミュージックプレイヤー
  • マルチメディア: Parole メディアプレイヤー

LXLE についてのより詳しい情報は
https://wiki.lxle.net/doku.php/start

個人的な意見ですが、

Lubuntu (Ubuntu) LTS をベースにしているため、リリースサイクルはゆっくりしているように感じる。とにかく使いやすさと軽量化の面でカスタマイズされている Lubuntu という立ち位置の Linux ディストリビューションなので、インストールされているアプリケーションをはじめとして、いろいろと細かなところで違いが見られる。

LXLE とほかの Lubuntu ベースとの比較

同じく Lubuntu ベースの Linux といえば、代表的なディストリビューションは Peppermint 。個人的に好きな Linux で、普段使いもしている。

アプリケーション

LXLE, Lubuntu, Peppermint の3つで比較してみると、いずれもインストールされているアプリケーション(ブラウザやオフィススイート、画像編集ソフトなど)に特徴が見られる。初期段階では以下の通り。

LXLE

  • ブラウザ:SeaMonkey
  • オフィス:GOffice
  • 画像編集:Pinta

Lubuntu

  • ブラウザ:Firefox
  • オフィス:LibreOffice
  • 画像編集:なし

Peppermint

  • ブラウザ:Firefox
  • オフィス:Microsoft Office Online (ICE SSB による)
  • 画像編集:Pixlr (ICE SSB による)

メモリ使用量

LXDE といえば、その軽さをウリにしているデスクトップ環境。ここで違いを比べてみるのも興味深かったので、今回チャレンジしてみた。

メモリ使用量を同じく測定するために、計測には Htop を使った。 LXLE は今回のリリースで Htop から Lxtask に変更になったのだけれども、あえてインストールした。

LXLE 18.04.3: USA発Lubuntuベースの軽量Linuxを試してみた。
タスクマネージャの Lxtask は Htop よりも見栄えは良いが、その分メモリ使用量が100MBほど多くなる。

Htop と Lxtask では結果が異なり、 Lxtask のほうがどの結果を見ても 100 MB 程度多めに表示される。なので同じアプリケーションにする必要があった。

動作環境は、CPU: Intel Core i7-2600S、RAM: 16GB RAM
、VirtualBox 6.0.12(ホスト OS は Windows 10 Pro)という内容。

アイドル時のメモリ使用量

LXLE 18.04.3: USA発Lubuntuベースの軽量Linuxを試してみた。
ベースの Lubuntu 。3つのうち中間的な結果となった。
  • LXLE: 270~280 MB
  • Lubuntu: 340~360 MB
  • Peppermint: 370~380 MB

ブラウザを起動し Youtube 視聴

LXLE 18.04.3: USA発Lubuntuベースの軽量Linuxを試してみた。
Peppermint は3つのうちいちばんRAM使用量が多かった。
  • LXLE: 570~730 MB
  • Lubuntu: 750~780 MB
  • Peppermint: 830~850 MB

アイドル時のメモリ使用量は LXLE が他よりも 100 MB 程度メモリ使用量が少ない。また Youtube 視聴に関しては、ブラウザの違いが出たと思わるが LXLE が Youtube の視聴にも関わらず、安定するとわずか 600 MB 程度のメモリ使用量と他よりもだいぶ少ない。全体的に Peppermint が思いの外メモリを使っていて、Lubuntu が中間的な結果となった。

とは言うものの、いずれも 1024 MB (1 GB) 以下のメモリ使用量と非常に軽量なのは言うまでもない。

LXLE の良かった点・悪かった点

インストールされているアプリケーションは特徴的だけれども、もちろん定番のアプリケーションをインストールすることができる。本家 Lubuntu よりさらに軽量に仕上がっているのは素晴らしいの一言。

良い

  • 本家 Lubuntu よりも軽快。
  • インストール直後から日本語入力ができるのはイイ。

悪い

  • 個人的には使い慣れないアプリばっかり。

LXLE のおすすめ度(5段階評価)

初心者向け度… ★★★★☆
アプリケーションの見直しで、ずいぶん軽いのばかりになった。が、特徴的だから使い方で少し迷うかもね。

日本語の環境… ★★★★☆
インストール直後から日本語入力できるのは◎。一部翻訳されていない箇所が残念だけれども、普段使う分には問題なし。(と思う)

システム要件… ★★★★★
さすが Lubuntu ベースと言ったところ。古いマシンでも VirtualBox の仮想環境でもサクサク軽快に動いてくれる。

総おすすめ度… ★★★★☆
使いやすい軽量 Linux として開発されているだけある。日本語環境もほぼ完璧なのでパソコン再生にも使えるね。

LXLE 18.04.3 に興味を持ったアナタは、下の URL を今すぐクリック!

ダウンロードする
https://www.lxle.net/download/