Emmabuntüs DE 4 Alpha 1: フランスで開発されている軽量Linuxがリリースされたので試してみた。

フランスやアフリカの多くの団体でコンピュータの再利用に使用されている Emmabuntüs の最新版となる DE 4 Alpha 1 が、2020年4月26日にリリースされていたので試してみることにした。

Emmabuntüs とはどんな OS ?

Emmabuntüs DE 4 Alpha 1: フランスで開発されている軽量Linuxがリリースされたので試してみた。
https://emmabuntus.org/

Emmabuntüs は、Xubuntu と Debian の 安定版をベースとしたデスクトップ Linux ディストリビューション。パソコン初心者にやさしく、リソースをかなり少なくするよう開発されており、古いコンピュータで使用できるようになっている。

また、日常使用する数多くのアプリケーションがプレインストールされており、それらを起動するためのドックバー、非フリーソフトウェアとメディアコーデックの簡単なインストール、自動スクリプトによる迅速なセットアップなど、多くの最新機能も含まれている。

オフライン環境での使用を想定しているため、プリインストールされるパッケージは非常に多い。またインストール自体もインターネットに接続せずにインストールすることができる。

またこのディストリビューションのライブ環境は、英語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、ポルトガル語、スペイン語をサポートしている。

今回の変更点は?

新しい DE 4 は Debian 11 をベースとして開発されており、 Xfce と LXQt のいずれかのデスクトップ環境を選択することができるようになった。

▼より詳しい変更情報は▼
https://emmabuntus.org/emmabuntus-de4/

Emmabuntüs DE の概要

  • ベース: Debian
  • アーキテクチャ: i686, x86_64
  • デスクトップ環境: LXQt, Xfce
  • パッケージ管理: dpkg (apt)
  • パッケージ形式: deb
  • カーネル: 5.5.17

Emmabuntüs をインストールするのに必要なスペックは?

  • CPU: 2.0GHz 以上のデュアルコアプロセッサ
  • RAM: 32bit = 1GB 以上 / 64bit = 2GB 以上のシステムメモリ
  • Storage: 80GB 以上の空き領域

▼より詳しいシステム情報は▼
https://emmabuntus.org/configuration-materielle/

主なアプリケーション

  • ブラウザ: Firefox ESR, Falkon
  • メール: Thunderbird
  • オフィス: LibreOffice, AbiWord, Gunumeric
  • グラフィック: GIMP, Inkscape, Scribus
  • ミュージック: Clementine
  • マルチメディア: Kaffeine, VLC media player

▼ Emmabuntüs についてのより詳しい情報は▼
https://emmabuntus.org/tutoriels/

Emmabuntüs についての個人的な意見ですが、

Emmabuntüs DE 4 Alpha 1: フランスで開発されている軽量Linuxがリリースされたので試してみた。

Emmabuntüs は Emmauss Communities などの人道支援団体に寄付された古いコンピューターの再利用に合うよう設計されている。パソコン初心者への GNU / Linux の促進のほか、原材料の過剰消費によって引き起こされる廃棄物を制限する(つまりゴミの軽減)活動も行っている。実際に PAE 非対応の 32bit パソコンでも動作するバージョンの開発も続けられており、今後も引き続きメンテナンスが行われるようだ。

このような背景があり Emmabuntüsは、フランスやアフリカの多くの団体でコンピュータの再利用に使用されているとのこと。とても意識の高い Linux ディストリビューションだと感じる。

アプリケーション。

Emmabuntüs DE 4 Alpha 1: フランスで開発されている軽量Linuxがリリースされたので試してみた。

見た目は非常にポップというかにぎやかな印象を受ける。オフライン環境での使用を考慮して開発されているため、多くのアプリケーションがインストールされる。軽量な Linux ディストリビューションのわりに、ストレージ領域を多く消費するのはこのため。逆に言うと、インストールのあとにパッケージの追加の必要がほぼ無い。

日本語環境。

Emmabuntüs DE 4 Alpha 1: フランスで開発されている軽量Linuxがリリースされたので試してみた。

前述のとおりライブ環境は、英語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、ポルトガル語、スペイン語という具合に、欧州圏での使用が想定されている。なのでインストールは英語などの言語で行う必要がある。Debian ベースの Linux ディストリビューションなのでインストールの際には日本語を選ぶことができ、インストール後には日本語入力の設定もできる。

デスクトップ。

以前はオプションで LXDE デスクトップが用意されていたが、DE 4 Alpha 1 では Xfce と LXQt が切り替えられるようになっている。

Emmabuntüs DE 4 Alpha 1: フランスで開発されている軽量Linuxがリリースされたので試してみた。
Xfce デスクトップ
Emmabuntüs DE 4 Alpha 1: フランスで開発されている軽量Linuxがリリースされたので試してみた。
LXQt デスクトップ

Emmabuntüs とほかの Debian 系との比較

繰り返しにはなるが Emmabuntüs は、オフライン環境下での使用も想定しているため、インストールされるソフトウェアの量が多いのがいちばんの特徴といえる。

何もないところから追加していくタイプではなく、全部ある中からいらないものを削除していくタイプの Linux ディストリビューションなので、イントールするときのイメージデータは大きめ。

Emmabuntüs の惜しい点と良い点

惜しい点

  • まだアルファ版。とうかそもそも Debian 11 も、まだ開発中だしね。
  • 日本(というか東アジア)向けに開発されているわけではないので、日本語環境の設定に時間がかかってしまう。
  • オフライン環境下での使用を考慮されているためだと思うが、使いはじめる前の準備にけっこう時間がかかる。

良い点

  • Xfce よりもさらに軽量な LXQt デスクトップが選択できるようになったのは◎。
  • 操作性も Xfce と XLQt で、ほぼ変わりないのも有り難い。
  • なんだかんだ言っても Debian 系なので、ちゃんと日本語化できる。

Emmabuntüs のおすすめ度(5段階評価)

初心者向け度★★★★☆
Linux 初心者でも迷わず使えるかどうか。★が多いほどデスクトップ指向。

Xfce (または LXQt) + Cairo-dock で、レイアウトや操作性は macOS に似ている。丁寧なチュートリアルも用意されているので、初心者でも安心して使い始めることができる。

日本語の環境★★★☆☆
日本語表示および日本語入力ができるかどうか。★が多いほど設定も簡単。

ライブ環境では日本語対応していないのは残念。でも Debian 系なので日本語化はできる。インストール後に設定やパッケージのインストールが必要になるが、難易度はそれほど高くない。

システム要件★★★★☆
古いマシンでも快適に使うことができるかどうか。★が多いほど古いマシンでも使える。

プロジェクトで掲げている開発コンセプトが、古いマシン向けとなっているので非常に軽量。PAE 非対応の 32bit マシンでも使えるのがうれしい。

おすすめ度★★★★☆
全体的なおすすめ度。★が多いほどアナタに使ってみて欲しい Linux。

豊富なパッケージに圧倒される軽量 Linux ディストリビューション。古い PC の延命に使ってみてはいかが?

Emmabuntüs に興味を持ったアナタは、下の URL を今すぐクリック!

▼ダウンロードする▼
https://emmabuntus.org/download/