フランス発 Ubuntu + GNOME の Voyager GE 18.10.3 がリリースされたので、

フランス発の Ubuntu + GNOME の Linux ディストリビューションである、 Voyager GE の最新版となる 18.10.3 が2019年3月15日にリリースされた。

Voyager GE とは?

もともと Voyager は、Xubuntu がベースの Linux なのだけれども、この GE は、GNOME Shell と Ubuntu をベースに開発されている。

Xfce デスクトップ環境に慣れてしまっていると、多少の違和感があるかもしれない。

が、最近の GNOME もなかなか使いやすくなってきているので、CPU や RAM などのリソースに余裕があるのであればこちらもオススメ。

▼より詳しい情報は▼
Website >> https://voyagerlive.org/

Voyager GE のシステム要件

  • CPU: 2 GHz 以上のデュアルコアプロセッサ以上
  • RAM: 2 GB (3 GB 以上)
  • DISK: 25 GB 以上のストレージ
  • インターネット接続
  • インストール用の DVD ドライブまたは USB ポート

以前の記事も参考にどうぞ。

個人的な意見ですが、

Voyage GE は、イメージカラーから何から、フランス版の Ubuntu と言わんばかりの出来栄えになってきた。

以前から macOS を意識したオペレーティング・システムの開発を続けてきているプロジェクトなだけに、見た目と使い勝手は macOS に寄せられているけれども、GE は寄せ具合が微妙で macOS よりも Ubuntu 色が強い気がする。

まぁ、もともと Ubuntu ベースの Linux だから、当たり前だけどね。

でも逆に言えば、より Ubuntu っぽいディストロなので、 Linux の中でもかなりユーザーフレンドリーで使いやすい部類といえる。

日本語化も手軽で、インストール直後から日本語入力もできる初心者向けのディストロのひとつだね。

フランス発 Ubuntu + GNOME の Voyager GE 18.10.3 がリリースされたので、

ちなみに RetroPie もインストールできるので、レトロゲームファンにもオススメ。

フランス発 Ubuntu + GNOME の Voyager GE 18.10.3 がリリースされたので、

▼ Voyager をチェックする▼
Website >> https://voyagerlive.org/