Ubuntu 18.04.2 がリリースされたので、

2019年2月17日

定番 Linux ディストリビューションの Ubuntu が、LTS(長期サポート) 18.04.2 を2019年2月15日にリリースした。

Ubuntu とは?

Linux という言葉を知っている人に Ubuntu を知らない人はもはやいないかもしれないけれども、知らない人のためにざっくりと説明すると Debian ベースの「とにかく Linux 初心者に優しい」Linux のひとつ。

誰にでも使いやすい OS : Ubuntu ってなに?

 

今回の変更点は?

今回も Ubuntu を筆頭に、以下の Ubuntu ファミリー全てが同時にリリースされた。

  • Kubuntu
  • Lubuntu
  • Ubuntu Budgie
  • Ubuntu MATE
  • Ubuntu Kylin
  • Xubuntu

主に 18.04.1 から見つかったバグの修正と、新しいハードウェアで使用するためのハードウェア有効化スタックが含まれている。

また、それどれのエディションのデスクトップ環境のバグ修正も行われている。

変更概要→ https://wiki.ubuntu.com/BionicBeaver/ReleaseNotes/ChangeSummary/18.04.2

 

Ubuntu の概要

  • ベース: Debian
  • アーキテクチャ: x86_64, ARM
  • デスクトップ環境: GNOME, Unity
  • パッケージ形式: DEB
  • パッケージ管理: dpkg
  • アップデート: APT

 

主なソフトウェア

  • ブラウザ: Firefox
  • メール: Thunderbird
  • オフィス: LibreOffice
  • マルチメディア: ビデオ

プリインストールされているソフトウェアは必要最低限しかインストールされていないが、リポジトリ(データの貯蔵庫)には、非常にたくさんのソフトウェアが用意されている。

ソフトウェアを追加する場合には「 Ubuntu ソフトウェア」を使う。

 

Ubuntu をインストールするのに推奨のスペックは?

  • CPU: 2 GHz デュアルコアプロセッサ以上
  • RAM: 2 GB 以上
  • DISK: 25 GB 以上の空き領域
  • モニタ: 1024 × 768 以上の解像度

Website → https://www.ubuntu.com/

 

個人的な意見ですが、

もはや説明のいらないであろう Ubuntu だけれども、最近はちょっと元気がない気もしないでもない。

まぁ、僕が個人的に Arch 系や、MX などの Debian 系にはハマっているせいで、そう感じるのかもしれないが、2019年2月15日現在の DistroWatch.com のヒットランキングにも変化が出てきた。

  1. Manjaro
  2. MX Linux
  3. Mint

あ。

トップ3の頭文字がみんな” M “だ。

さしずめ、” 3M “と言うところか。

アメリカ合衆国の化学・電気素材メーカーか、名古屋市のデパート(松坂屋、丸栄、三越)みたいだな。

話はそれたが、表面的にはそうかもしれないけれども、実際には日陰でシェアを伸ばしているようだ。

マイナビニュース:Ubuntu増加 – 1月Webサイト向けLinuxシェア
https://news.mynavi.jp/article/20190106-750441/

Usage statistics and market share of Linux for websites
https://w3techs.com/technologies/details/os-linux/all/all

使いやすいのは、デスクトップ OS としてだけではなかったようだ。

まぁ、Linux の導入に迷ったら Ubuntu にしておけば、間違いないというか安心できる面はあるかもね。

Website → https://www.ubuntu.com/

 

▼インストールの参考に▼

定番 Linux ディストロ Ubuntu をインストールしてみた。