Kubuntu 18.04.2 がリリースされたので、

2019年2月17日

定番 Linux ディストリビューション Ubuntu の公式フレーバー Kubuntu が、LTS(長期サポート版) 18.04.2 を2019年2月15日にリリースした。

Kubuntu とは?

Kubuntu 18.04.2 がリリースされたので、

Kubuntu は Ubuntu と KDE Plasma デスクトップを統合し、一連のアプリケーションを提供している。

インストールには、生産性、オフィス、Eメール、グラフィック、写真、および起動時に使用可能な音楽アプリケーションが含まれる。

 

今回の変更点は?

今回も Ubuntu を筆頭に、以下の Ubuntu ファミリー全てが同時にリリースされた。

  • Kubuntu
  • Lubuntu
  • Ubuntu Budgie
  • Ubuntu MATE
  • Ubuntu Kylin
  • Xubuntu

主に 18.04.1 から見つかったバグの修正と、新しいハードウェアで使用するためのハードウェア有効化スタックが含まれている。

また、それどれのエディションのデスクトップ環境のバグ修正も行われている。

変更概要→ https://wiki.ubuntu.com/BionicBeaver/ReleaseNotes/ChangeSummary/18.04.2

 

Kubuntu の概要

  • ベース: Ubuntu
  • アーキテクチャ: i386, x86_64
  • デスクトップ環境: KDE Plasma
  • パッケージ管理: APT (dpkg)

 

主なアプリケーション

  • ブラウザ: Firefox
  • メール: KMail
  • オフィス: LibreOffice
  • ミュージック: Cantata
  • マルチメディア: VLC media player

 

Kubuntu をインストールするのに必要なスペックは?(推奨)

プロジェクトサイトにシステム要件の記載がなかったため、Ubuntu のものを参照。

  • CPU: 2 GHz Dual core processor 以上
  • RAM: 2 GB (4 GB 以上)
  • DISK: 25 GB 以上

Website → https://kubuntu.org/

 

個人的な意見ですが、

やっぱり KDE Plasma は、 5 になってからなかなか快適。

RAM の消費量が激しい Youtube を起動させテストしてみたが、1 GB 以下に抑えられている。

Kubuntu 18.04.2 がリリースされたので、

古いパソコンでは厳しいかもしれないけれども、最近のパソコンであれば KDE でも GNOME でもスペック的には全く問題ない。

個人的に古いマシンばかり使っていたので、KDE などのフルタスクのデスクトップ環境を使う機会が少なかったが、使ってみるとその良さがわかる。

でも、軽量のシンプルなデスクトップ環境ばかり使っていたので、エフェクトがうるさく感じるのは僕だけかな?

でも使いやすくなったなぁ、ホント。

Website → https://kubuntu.org/

 

▼インストールの参考に▼

定番 Linux ディストロ Ubuntu をインストールしてみた。