openSUSE Leap 15.1とMicrosoft Store にて遭遇!

そういえば、Windows 10 で Linux が使えるって聞いていたけど、この間(2019年5月21日)にリリースされたばかりの openSUSE Leap 15.1 に出会うとは思わなかった。

たまには僕も見るニュース。

なんとなく IT 系のニュースを眺めていたら、【Linux ディストロ「openSUSE Leap 15.1」が “Microsoft Store” に登場】の文字を発見。

興味が掻き立てられたので、さっそく試してみることにした。

WSL というもの。

openSUSE Leap 15.1とMicrosoft Store にて遭遇!
WSL によって、Windows で Linux を使えるようになった。

まずはご存じない方のために、Windows で Linux が使えるということについて、ザックリと説明する。

Windows 10 (Fall Creator Update, バージョン1709 以降) から Linux を使うための「 Windows Subsystem for Linux (以降 WSL)」が登場した。

WSL では、ほぼ通常のディストリビューション(以降ディストロ)が使え、各ディストロ用のパッケージシステムがそのまま利用できる。

すでに Microsoft Store では Debian や Ubuntu といった Linux がリリースされており、openSUSE もそのひとつ。

openSUSE on Windows

openSUSE Leap 15.1とMicrosoft Store にて遭遇!
Microsoft Store に登場した openSUSE Leap 15.1 。

僕が驚いたのは、そのリリースの速さ。

Debian にしろ Ubuntu にしろ、少し前にリリースされたものだったけれども、今回の openSUSE は、リリースから1週間ほどしか経っていない最新版が用意された。

Microsoft Store では、ときどき偽物が出回るらしいので少し警戒したが、調べてみると公開元も SUSE だし、本物っぽいので使ってみることにした。

確認しておくけれども、WSL で使える Linux ではデスクトップ環境はない。

openSUSE Leap 15.1とMicrosoft Store にて遭遇!
とりあえずやることがなかったので、アスキーアートを表示する”screenfetch”をインストールして実行した様子。

しかし、先にも少し触れたとおりほぼ通常のディストロとして使えるので、”Vim” や “Git” といったコンソールユーザーにはおなじみのものもインストールできるので、コマンドの勉強とかには良い。

WSL は Linux のスキルアップにはぜひ用意しておきたいアプリだと感じた。

使いやすい多目的 Linux openSUSE Leap 15.1 がリリースされたので、