Lubuntu 18.04.2 がリリースされたので、

定番 Linux ディストリビューション Ubuntu の公式フレーバー Lubuntu が、LTS(長期サポート版) 18.04.2 を2019年2月15日にリリースした。

Lubuntu とは?

Lubuntu 18.04.2 がリリースされたので、

Lubuntuは、最新のシステムだけでなく、低リソースのコンピューターや古いシステム用の使いやすいオペレーティングシステム。

Lubuntuは、オフィスアプリケーション、PDFリーダー、イメージエディタ、音楽、ビデオプレーヤーなど、日常使用に不可欠なアプリケーションとサービスが含まれている。

 

今回の変更点は?

今回も Ubuntu を筆頭に、以下の Ubuntu ファミリー全てが同時にリリースされた。

  • Kubuntu
  • Lubuntu
  • Ubuntu Budgie
  • Ubuntu MATE
  • Ubuntu Kylin
  • Xubuntu

主に 18.04.1 から見つかったバグの修正と、新しいハードウェアで使用するためのハードウェア有効化スタックが含まれている。

また、それどれのエディションのデスクトップ環境のバグ修正も行われている。

変更概要→ https://wiki.ubuntu.com/BionicBeaver/ReleaseNotes/ChangeSummary/18.04.2

 

Lubuntu の概要

  • ベース: Ubuntu
  • アーキテクチャ: i386, x86_64
  • デスクトップ環境: LXDE
  • パッケージ管理: APT (dpkg)

 

主なアプリケーション

  • ブラウザ: Firefox
  • メール: Sylpheed
  • オフィス: AbiWord, Gnumeric
  • グラフィックス: mtPaint
  • ミュージック: Audacious
  • マルチメディア: GNOME MPV

 

Lubuntu をインストールするのに最小スペックは?(推奨)

  • CPU: Pentium 4, Pentium M, または AMD K8 1.0 GHz (Core 2 Duo 1.6 GHz 以上)
  • RAM: 512 MB (1 GB 以上)
  • DISK: 9 GB 以上

Website → https://lubuntu.me/

 

個人的な意見ですが、

Ubuntu 公式フレーバーの中では、最も低スペックなマシンで動作する。

以前、使っていたとき(確か12とか14くらいだったかな?)には、細々とした不具合が気になり、よほどのことがなければ使っていなかったけれども、最近はちょこちょこ使うようになった。

これだけの機能でホントに、このスペックで?というほどの高機能ぶり。

RAM の消費量も非常に少なく、Youtube を見ても 1 GB 以下で間に合ってしまう。

実際にテストしたときには、およそ 700 MB 以内で動作していた。

Lubuntu 18.04.2 がリリースされたので、

なので、最近のパソコンだと爆速まちがいなし!

軽くて速いのは正義だ!

ちなみに、Ubuntu 公式フレーバーでは、 Ubuntu MATE と並び PowerPC (旧 Mac ) や Raspberry Pi でも使える。

Youtube チャンネルで、iMac G5 に PowerPC 版の Lubuntu を使ってみている。

あ、そろそろ Raspberry Pi も取り上げていかなきゃな。

Website → https://lubuntu.me/

 

▼インストールの参考に▼

定番 Linux ディストロ Ubuntu をインストールしてみた。