最新の KDE 環境を提供する KDE neon 20190516 がリリースされたので、

KDE neon は、新しいスナップショットとなる 20190516 を2019年5月16日にリリースした。

KDE neon とは?

最新の KDE 環境を提供する KDE neon 20190516 がリリースされたので、

KDE neon は、KDE デスクトップおよびアプリケーションを含む Ubuntu の長期サポート (LTS) ベースのディストリビューション(以降、ディストロ)。

KDE の開発に焦点をあて、最新のソフトウェアパッケージの提供に重点を置かれている。

今回の変更点は?

KDE Plasma 5.16 Beta リリース。

デスクトップ管理や設定、ウィンドウ管理に関する、多くが改善された。

▼より詳しい情報は▼
Website >> https://dot.kde.org/2019/05/16/kde-plasma-516-beta-your-three-week-notification-more-tidy-and-composed-desktop

https://kde.org/announcements/plasma-5.15.90.php

以前の記事
https://pc-freedom.net/today_pc_story/最新の-kde-環境を提供する-kde-neon-20190221-がリリースされたの/

KDE neon の概要

  • ベース: Ubuntu
  • アーキテクチャ: i386, x86_64
  • デスクトップ環境: KDE Plasma
  • パッケージ管理: APT (dpkg)

主なアプリケーション

  • ブラウザ: Firefox
  • マルチメディア: VLC media player

※インストール直後は、アプリがほとんどインストールされていない

KDE neon をインストールするのに必要なスペックは?(推奨)

プロジェクトサイトにシステム要件の記載がなかったため、Ubuntu のものを参照。

  • CPU: 2 GHz Dual core processor 以上
  • RAM: 2 GB (4 GB 以上)
  • DISK: 25 GB 以上

▼より詳しい情報は▼
Website >> https://neon.kde.org/

個人的な意見ですが、

恥ずかしながら最近になってようやく気付いたのですが、KDE neon のスナップショット(今回のようなリリースのこと)は、KDE Plasma のアップデートのタイミングだと言うこと。

ベースの Linux は Ubuntu LTS 版に決まっていて、デスクトップ環境の KDE Plasma がアップデートされるごとに、それがリリースされる。

なので、今回は KDE Plasma 5.16 Beta リリースになる。

最近 KDE Plasma を使ったディストロを紹介するたびに、 KDE Plasma の良さを実感する。

今回、動画でも少し触れているけれども、 Core 2 Duo という世代遅れもはなはだしいマシンでもサクサク動いてくれる。

以前であれば、もっとこうモッサリ、モッサリしていて「ハイスペックマシンじゃないと無理かな…」なんて思っていたけれども、そんな過去の記憶を打ち消してくれる。

僕の中では、デスクトップ環境といえば Xfce が No.1 だけれども、KDE といい GNOME といい、最近の出来栄えには目を見張るものがある。

良い意味で常識を壊されるのは、嬉しいというか何というか、ちょっと不思議な高揚感をえる。

デスクトップ OS としては、空っぽな KDE neon だけれども、最新の小気味良い使い心地の KDE Plasma をたいけいしたいのであれば、ぜひ以下の URL からダウンロードして欲しい

▼ KDE neon をダウンロードする▼
Website >> https://neon.kde.org/download