最新の KDE 環境を提供する KDE neon 20190221 がリリースされたので、

KDE neon は、新しいスナップショットとなる 20190221 を2019年2月21日にリリースした。

KDE neon とは?

KDE neon は、KDE デスクトップおよびアプリケーションを含む Ubuntu の長期サポート (LTS) ベースのディストリビューション(以降、ディストロ)。

KDE の開発に焦点をあて、最新のソフトウェアパッケージの提供に重点を置かれている。

 

KDE neon の概要

  • ベース: Ubuntu
  • アーキテクチャ: i386, x86_64
  • デスクトップ環境: KDE Plasma
  • パッケージ管理: APT (dpkg)

 

主なアプリケーション

  • ブラウザ: Firefox
  • マルチメディア: VLC media player

インストール直後は、アプリがほとんどインストールされていない

 

KDE neon をインストールするのに必要なスペックは?(推奨)

プロジェクトサイトにシステム要件の記載がなかったため、Ubuntu のものを参照。

  • CPU: 2 GHz Dual core processor 以上
  • RAM: 2 GB (4 GB 以上)
  • DISK: 25 GB 以上

▼より詳しい情報は▼
Website >> https://neon.kde.org/

 

個人的な意見ですが、

Ubuntu + KDE と聞くと、Kubuntu を想像してしまう。

実際に構成がよく似ているので何が違うのか疑問になる。

まずはその違いを調べてみた。

 

Kubuntu と何が違う?

どちらも Ubuntu をベースにしている事に違いはないが、深く掘り下げると内容が異なる。

KDE neon は、Ubuntu 長期サポート版をベースにしている。

  • KDE neon のベース→ Ubuntu LTS 版

対して Kubuntu には安定版と長期サポート版 (LTS) があり、ベースとなる Ubuntu も同様に安定版と長期サポート版が使われている。

  • Kubuntu 安定版のベース→ Ubuntu 安定版
  • Kubuntu LTS 版のベース→ Ubuntu LTS 版

でも、これだけじゃ同じ。

いちばんの違いとなるのは Plasma と KDE アプリケーション。

  • KDE neon →最新バージョン
  • Kubuntu 安定版→ 安定版
  • Kubuntu LTS 版→ LTS 版

これを見てようやく違いが理解できてきた。

つまり KDE neon は常に新しい環境を求めるのに対して、Kubuntu は安定性を重視している。

例えていうなら、” Fedora “と” CentOS “のような立ち位置かな?

またインストール直後に、プリインストールされているアプリケーションの数も違う。

ほとんど何も入っていない KDE neon に対して、Kubuntu は書類作成など日常的に使うであろアプリケーションが一通りインストールされている。

どちらが良いというわけではないけれども、個人的には何もないところに追加していくほうが好きなので、スタンスとしては KDE neon のほうが好ましい。

普段使いのデスクトップ OS とした場合には、それぞれの違いの恩恵に預かる機会はほとんどないけれども、覚えておくとディストロを選ぶ際の参考になるかもしれない。

Website >> https://neon.kde.org/