PC-FREEDOM

Linux をデスクトップ OS として使う情報をメインに、オープンソース、フリーソフトウェア、クロスプラットフォームを中心とした FOSS (FLOSS) っぽいPC情報をお届けします。たまには Microsoft や Apple 、ガジェットや Web サービス、ときどき関係ないことも?!

出張には”duet display”がよく似合う。

time 2016/01/27

出張には”duet display”がよく似合う。

出張先でも書類を作成したり、資料をまとめたりします。

普段、家ではデュアルディスプレイで作業しているので、画面が一つだと狭くて仕方ありません。そこで役立つのが、以前にも「Duet Displayを使ってみた結果。」で紹介した「Duet Display」です。

出張には"duet display"がよく似合う。

iPad ProでDuet Displayを使うと、その大画面が一段と引き立ちます。

 

今回はiPad ProでDuet Displayを使ってみました。まず、しばらく使っていなかったのでアップデートの有無を確認した後に使ってみたのですが、iPad Proは「広い!」の一言です。表示エリアは「2048×1536」「1366×1024」「1024×7688 (HiDPI)」の3種類から選ぶことができます。デフォルトでは「2948×1536」です。画面が広く使える分、表示は小さくなるので好みの解像度を選ぶと良いでしょう。

Duet Display Duet Display Duet Display

Duet Displayに難しい設定はなく、Duet DisplayをパソコンとiPadにインストールして、Duet Displayを起動させたiPadとパソコン(MacだけでなくWindowsも対応)を接続すれば使えるというスグレモノです。もしかしたら普通のディスプレイを接続するよりも簡単かもしれませんね。

さらにDuet Displayは、iPadのRetinaディスプレイを秒間60フレームでタイムラグはなく表示することができるのでキビキビ操作できます。

おかげで、今回も出張中なのですが自宅や職場と変わらない(むしろ快適?!)環境で作業することができています。Duet Displayさまさまです。

…しかし、以前のレビューでもお伝えしましたが、MacBook ProとiPad Pro(以前は第4世代)の組み合わせ(MacBook Pro : 1.58kg、iPad Pro : 713g)はとっても重たいです。今回の荷物でいちばん重たかったりして(苦笑

Duet DisplayDuet Display
Kairos Technologies, Inc.

sponsored link

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

管理人室

コダシマ☆タカヒデ

コダシマ☆タカヒデ

夢見がちなシングル・ファーザーで、街にいるパソコン博士と呼ばれる類の1人。自称:永遠のパソコン中級者。 [詳細]



sponsored link

おすすめLinux本