PC-FREEDOM

オープンソース、フリーソフトウェア、クロスプラットフォームを中心としたPC情報をお届けします。ガジェットやWebサービス、ときどき関係ないことも?!

Windows 10無償アップデート期間が2ヶ月を切りましたが…

time 2016/06/07

Windows 10無償アップデート期間が2ヶ月を切りましたが…

2016年7月29日は何の日かご存知ですよね?

そう、Windows 10 の無償アップデート期間終了の日ですが、まだまだWindows 10のアップデートで困っていることが多ようですが…。

このブログでも、Windows 10についての情報を紹介していますが、その中で最近ヒット数が飛躍的に上がっているのが、アップデートに関する記事です。

特に人気の高い記事は

Windows 10のアップデートの際に気を付けなければいけないこと。
今さら聞けないOSの32bit版と64bit版の違いとは?

です。

sponsored link

Windows 10で困ることとは?

Windows 10についての情報を調べてみると「アップデートしたくてもできない」「アップデートを失敗した」方が思いの外、多くいることを知らされます。実際に筆者も失敗し、その経験をブログの記事として紹介させていただきました。

その時に初めて知ったのですが、システムで予約されるパーティションの容量が異なるためにアップデートができない場合があるのです。

Windows 8以降は問題がないのですが、一部Windows 7でシステム予約パーティションが100MBしかなくインストールを完了することができません。

これを解消するための方法を紹介した記事が「Windows 10のアップデートの際に気を付けなければいけないこと。」です。

32bitと64bitのどちらを選ぶ?

次に困るのがインストールすべきOSのバージョンです。「32bit版」なのか「64bit版」なのかというところ。Windows 10へアップデートする時には、元のOSのバージョンに依存するのですが、どちらかわからないというかとも少なくありません。

eMachines E732Z-A12B in Intel Core i5

[コントロールパネル]→[システムとセキュリティ]→[システム]でシステム概要を確認する必要があります。この時、32bit版から64bit版への変更または64bit版から32bit版への変更はできません。そのような場合にはそれぞれのバージョンのOSが必要になるので注意してください。

OSのバージョンの違いについて紹介した記事が「今さら聞けないOSの32bit版と64bit版の違いとは?」です。

Windows 10に必要なシステム要件

Windows 10を稼働させるのに必要なシステムは以下の通りです。

プロセッサ:1GHz 以上のプロセッサまたは SoC
メモリ:32bit版では1GB、64bit版では2GB
ハード ディスクの空き領域:32bit版では16GB、64bit版では20GB
グラフィックス カード:DirectX 9 以上 (WDDM 1.0 ドライバー)
ディスプレイ (画面解像度):800×600

参考:Microsoft Windows 10の仕様とシステム要件

わりと古めのパソコンでも動くOSになっています。実際に筆者もWindows XP時代のパソコン(HP Compaq 6710b)にインストールしており、順調に稼働しています。

まだ、アップデートしていない方はこの機会にアップデートしてみてください。

Amazonで確認する

Windows 10 パーフェクトマニュアル

sponsored link

down

コメントする




This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.



sponsored link