Manjaro ベースの Netrunner 2019.04 Rolling がリリースされたので、

技術の国ドイツで開発されている Linux ディストリビューション(以降、ディストロ)Netrunner Rolling の最新版となる 2019.04 が、2019年4月20日にリリースされた。

Netrunner とは?

Manjaro ベースの Netrunner 2019.04 Rolling がリリースされたので、

Netrunner とは、 Debian のテスト版をベースにしたデスクトップと、 Arch (Manjaro) をベースにしたローリングリリースが開発されているディストロ。

デスクトップ環境に KDE Plasma を採用し、普段使いできるデスクトップ OS として追加のアプリケーションや、マルチメディアコーデック、Flash および Java プラグインなどを備えている。

今回の変更点は?

今回は Arch (Manjaro) をベースとした「ローリングリリース」版の方がリリースされた。

  • Rolling 2018.08 からの変更点は以下のとおり。
  • KDE Plasma 5.15.3
  • KDEフレームワーク5.56
  • KDEアプリケーション18.12.3
  • Qt 5.12.2
  • Linuxカーネル4.19.32
  • KDEと統合されたLTS Firefox Quantum 66.0.3
  • Thunderbird 60.6

など

▼より詳しい情報は▼
Website >> https://www.netrunner.com/netrunner-rolling-2019-04-released/

Debian ベースの Blackbird の記事は
コチラ >> https://pc-freedom.net/linux/debian-と-arch-linux-をベースにした-netrunner-19-01-がリリースされたので/

Netrunner の概要

  • ベース: Debian, Arch (Manjaro)
  • アーキテクチャ: x86_64
  • デスクトップ環境: KDE Plasma
  • パッケージ管理: dpkg, Pacman

主なアプリケーション

  • ブラウザ: Firefox Quantium
  • メール: Thunderbird
  • オフィス: LibreOffice
  • グラフィック: GIMP, Inkscape, Krita
  • ミュージック: GMusicbrowser
  • マルチメディア: SMPlayer, Kdenlive

Netrunner をインストールするのに必要なスペックは?

  • CPU: Intel Atom 1.6 GHz 以上
  • RAM: 1 GB 以上 (VirtualBox で試す場合 1.5 GB 以上)
  • DISK: 15 GB 以上
  • グラフィックカード: Intel GMA 945 以上
  • ビデオメモリ: 128 MB 以上

▼より詳しい情報は▼
Website >> https://www.netrunner.com/faq/installation/

個人的な意見ですが、

Debian と Arch と言う、全く別のディストロをベースにして開発されていると言う、ちょっと珍しいディストロ。

でも、いいとこ取りと言う感じで、使い勝手は良い。

インストーラーはとっても使いやすい Calamares が採用されているので、初心者でも安心してインストールすることができる。

Manjaro ベースの Netrunner 2019.04 Rolling がリリースされたので、
日本語の指示に従ってインストールすることができるので、初心者でも安心。

CLI 環境だと、パッケージ管理のコマンドが違うため、その違いを実感することができるだろうけれど、デスクトップ環境はどちらも KDE Plasma を採用しており GUI 環境で使っていると、その違いは全くと言っていいほどわからない。

KDE Plasma も性能の改善が進み、動作がずいぶんスムーズになった。

同梱されているソフトウェアも、日常的に使うものは一通り揃っている。

Debian ベースでも、Arch ベースでもできることがほぼ同じになって来たので、どちらを選んでも何ら困らない。

が、どちらを選ぶかに困ってしまうという、妙なジレンマが生まれてしまった不思議なディストロでした。

▼ Netrunner をダウンロードする▼
Website >> https://www.netrunner.com/download/