Windows や macOS の代替えにピッタリの Feren OS 2019.04 がリリースされたので、

2019年7月17日

アメリカで開発されている Feren OS が、2019年4月のスナップショットとして 2019.04 をリリースした。

Feren OS とは?

Windows や macOS の代替えにピッタリの Feren OS 2019.04 がリリースされたので、

Feren OS は、Linux Mint のメインエディションに基づくデスクトップ Linux ディストリビューション(以降、ディストロ)。

Cinnamon デスクトップ環境が同梱されており、特に Windows とのデータ共有やアプリケーションを実行するための環境が強化されている。

Web ブラウザに Vivaldi を採用しているのが特徴的。

以下は、Web サイトからの抜粋。

Feren OS は Windows と macOS に代わる無料の代替品です。Linux Communityがカスタマイズ、アプリケーション、その他多くのものを1つのパッケージで提供することができます。Feren OS は、カスタマイズ性と親しみやすさの点でも独自の Distribution であり、Bleeding Edge よりも安定したパスをとることができる非常に少数の Rolling Release Distribution の1つであり、より高速で強力に設計されています。より安全です。

https://ferenos.weebly.com/ ※ Google 翻訳

今回の変更点は?

Windows や macOS の代替えにピッタリの Feren OS 2019.04 がリリースされたので、

Feren OS は今回のリリースでは以下の変更・改善・改良が行われた。

  • テーマの改善
  • 新しい OOBE スクリーン
  • Welcome スクリーンの大幅な改善
  • 64ビットのFeren OS用のまったく新しいインストールエクスペリエンス
  • 新しいOEMセットアップエクスペリエンス
  • パッケージとリポジトリの改善
  • 大幅な内部改善
  • Feren全体の改良

▼より詳しい情報は▼
Website >> https://ferenos.weebly.com/news/a-new-snapshot-is-now-here-for-feren-os-64-bit-and-32-bit-cinnamon

Feren OS の概要

  • ベース: Linux Mint (Ubuntu)
  • アーキテクチャ: i386, x86_64
  • デスクトップ環境: Cinnamon
  • パッケージ管理: dpkg (APT)

主なアプリケーション

  • ブラウザ: Vivaldi
  • メール: Pantheon Mail
  • オフィス: LibreOffice
  • グラフィック: Krita
  • マルチメディア: VLC media player

Feren OS をインストールするのに必要なスペックは?

  • CPU: 1 GHz デュアルコアプロセッサ以上
  • RAM: 1 GB (4 GB 以上)
  • DISK: 20 GB (50 GB 以上)
  • モニタ: 1024 x 768の画面解像度に対応したVGA

▼より詳しい情報は▼
Website >> https://ferenos.weebly.com/get-it.html

個人的な意見ですが、

Feren OS では、まだ 32-bit 版が提供されていたけれども、ついに 32-bit 版のサポート終了がアナウンスされた。

https://ferenos.weebly.com/i386-support-cutoff.html

ひいおじいちゃん(源流)の Debian ではすでに 32-bit 版の開発が終了し、おじいちゃん (Ubuntu) でも終了。

お父さん(上流)の Mint もじきに終了ので、やむを得ない。

そのため、以前であれば 32-bit として MATE や Xfce のものも開発されていたけれども、現在では Cinnamon しかない。

RAM が多くても 32-bit で Cinnamon はけっこうキツイかも。

でも開発コンセプトは、どちらかというと古いものより新しいものに向かっているので当然といえば当然だろう。

Windows や macOS の代替えにピッタリの Feren OS 2019.04 がリリースされたので、
https://ferenos.weebly.com/

今回も VirtualBox にインストールしてみたけれども、以前よりも見た目や使い勝手がずいぶん変わった。

インストールが終わり起動させると、日本語でインストールしても初回起動時に表示される内容は英語だった。

詳細はインストールレビューの際に紹介するけれども、ザックリいうとサードパーティのコーデックをインストールするとか、レイアウトの変更などなど。

その後起動するのだけれども、仮想マシンだと10倍遅いらしい。

それを改善するためのツールをインストールする必要があり、インストールするとちゃんと動く。

そうでないとメチャクチャ遅くて使い物にならないくらいだった。

仮想環境でなく、しっかり PC にインストールすると Windows 7 世代くらいのマシンであれば、ある程度は使うことができそう。

ちなみに Windows 7 のシステム要件は以下の通り。

  • CPU: 1 GHz 以上の 32 ビット (x86) または 64 ビット (x64) CPU *
  • RAM: 1 ギガバイト (GB) RAM (32 ビット) または 2 GB RAM (64 ビット) 以上
  • DISK: 16 GB (32 ビット) または 20 GB (64 ビット) 以上の空き領域

詳しくは >> https://support.microsoft.com/ja-jp/help/10737/windows-7-system-requirements

んー。

Windows 7 世代だとギリギリのスペックかな?

PC 再生とかよりは、Windows や macOS の代替えというような感じで、ある程度新しめのマシンで使う感じの Linux といえる。

あぁ、そもそも Web サイトのトップに、「Feren OS は Windows と macOS に代わる無料の代替品です。」って書いてあった。

マシンスペックさえなんとかなれば、デスクトップ OS としてはかなり快適な部類の Linux といえる。

個人的に、見た目は好きなディストロ。

▼ Feren OS をダウンロードする▼
Website >> https://ferenos.weebly.com/get-it.html