時代が求めた16bit: メガドライブを再現したい。

メガドライブミニの発売日が決定し、メガドライブ界隈が賑やかになった今日この頃。

またしても衝動買いをしてしまった。

Amazon 怖い…。

先日の記事のあと、ほぼ条件反射的にポチッとしてしまった。

セガファンには信者が多い。

僕は、信者と言うほどセガが好きなわけでもない。(はず)

メガドライブに、そこまでの思入れもない。(はず)

でも Amazon で眺めていたら、いつの間にかウチに届いた MEGAPi ケースとコントローラー。

レトロフラッグMEGAPiケース(メガドライブケース)

恐ろしい…。

Amazon 怖い…。

まぁ、連休も近いことだし、休みにいじくり回すにはちょうど良いかな?

ゲームを吸い出す環境も整えたことだし。

これは FC 用 New FC Dumper

実は最近の Linux とレトロゲームって、切っても切り離せない状況になっている。

と言うのも、ニンテンドークラシックミニをはじめとした復刻モデルや、レトロフリークなどの互換機の OS には Linux が使われているのだ。

また、最近このブログで何度も取り扱っている Raspberry Pi で動くゲームエミュレーション OS の RetroPieBatocera.linuxRecalbox も、もちろん Linux がベースとなっている。

Linux と Raspberry Pi は親和性が高く、Linux とレトロゲームも親和性が高い。

Linux 、Raspberry Pi 、レトロゲームは、FC 世代のおじさんたちの三種の神器だね。

さあ、みんなで買えば怖くない。