PC-FREEDOM

Linux をデスクトップOSとして使う情報をメインに、オープンソース、フリーソフトウェア、クロスプラットフォームを中心としたPC情報をお届けします。たまには Microsoft や Apple 、ガジェットやWebサービス、ときどき関係ないことも?!

eMachines E732Z-A12Bのパワーアップ計画:その2

time 2015/07/20

eMachines E732Z-A12Bのパワーアップ計画:その2

メモリの増設とHDDをSSDへの換装を行いました。

すごいぞ!すごい!eMachines E732Z-A12Bはまだまだ使える!

 

後から気がつきましたが、メモリを増設したときとHDDをSSDに交換したときそれぞれのレビューをすればよかったかな?とも思いましたが、いっぺんに交換して飛躍的に体感速度が変わったのを体感できたのも良かったですね。

今は、交換のときの動画を編集していますので、後ほどアップいたしますのでぜひご覧いただきたいと思います。

 

まず、驚いたのが起動速度がまったく違います。ただ起動するだけで、今までは5~10分かかっていましたが、メモリ増設&SSD換装後は秒単位での起動。思わず笑ってしまいました。HDDとSSDのアクセス速度の違いは恐ろしいですね。

CrystalDiskMarkでその速度を計測してみました。

emachines E732Z-A12B emachines E732Z-A12B
交換前 交換後

数値からもその差は歴然です。これだけ違って体感できないほうがおかしいくらいですが、こうもハッキリ違うと逆に気持ちいいですよ。

また、わずか2GBだったメモリも…

emachines E732Z-A12B emachines E732Z-A12B
交換前 交換後

ちゃんと8GBになりました。

 

かなり快適になりましたが、Webを見ているとCPUを換装した方もいるようです。

CPUの換装について興味を持ったので調べてみるとCore i5 560Mを載せることができそうです。ソケットから言うとCore i7っとかも載せることができそうですが、情報が見当たらず迷っています。中古だとCore i5は2,500~5,000円程度、Core i7だと5,000~15,000円くらいで手に入りそうです。試してみたい気持ちもありますが、安くても5,000円をドブに捨てる勇気がわたしにはありません。

また、Core i7にしてしまうと消費電力も上がってしまうため、ただでさえ短いバッテリーでの駆動時間がさらに短縮されてしまうため、ほぼバッテリー駆動での使用は考えられなくなってしまいます。

ですが、今のPentium P6100でも8GBメモリとSSDでかなり快適なので、もう少し様子を見てみようと思っています。

sponsored link

コメント

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

管理人室

コダシマ☆タカヒデ

コダシマ☆タカヒデ

夢見がちなシングル・ファーザーで、街にいるパソコン博士と呼ばれる類の1人。自称:永遠のパソコン中級者。 [詳細]



sponsored link

おすすめLinux本