チャレンジ!BSD:TrueOS

TrueOSBSD
広告

TrueOS Stable 18.06

Web をウロウロしていたら、つい先日最新版がリリースされたとかいう TrueOS という名のフリーOSを知った。

早速 TrueOS を触ってみようと思う。

BSDってなんだ?

TrueOSのスクリーンショット

フリーで使える OS は Linux だけじゃない。

Linux ほどメジャーになれないけれど、 BSD もフリーで使えるOSの一つ。

BSD を知らない人のために、ざっくり説明すると Berkeley Software Distribution の略称でカリフォルニア大学バークレー校のコンピュータシステム・リサーチグループが開発・配布した UNIX 系の OS 。

BSD にもいくつかの系統があり、 FreeBSD・NetBSD・OpenBSD などがある。

TrueOS はこのなかの FreeBSD を、デスクトップパソコン向けに特化したディストリビューション。

以前は PC-BSD と呼ばれていたもの。

先日最新版がリリースされたので、それを試そうとおもったら残念ながら CUI のみ。

以前のバーションは、いちばん下の「Browse Downloads」から見つけられる。

インストールから GUI が使えるってのがウリの TrueOS なので、デスクトップがあるひとつ前のバージョンを選ぶことにしました。

TrueOS_Desktop_の表記があるものがGUIでインストールできるやつ。

ダウンロードしたイメージファイルを元にLiveUSBを作成しインストールをしてみました。

TureOSをインストールしてみた

日本語でインストールすることもできる。

最近はもっぱら Ubuntu 系の Linux ばかりインストールしていたので、久しぶりにそれと違うインストーラーに触れるのはちょっぴりワクワクする。

こんな感じでインストールの方法を選ぶことができる。ここではもちろんグラフィカルユーザーインターフェイス。

どんな OS でも、インストールの際にいちばん重要なのはパーティションの設定。

もちろん TureOS でもいちばん最初はパーティションの設定から始まる。

まっさらにしてフルインストールするので、特別な設定なしでインストールしました。

パーティションの設定を進めていくと、Linux だとだいたいキーボードの設定や管理者権限の設定、ロケーションの設定だったりするのだけれど、TrueOS では何かが違う。

なんか、すでにインストールが始まってる感じ。

早速インストールが始まる。

順番が違うだけで変な感じがする。

でもまぁ、OS がインストールされるなら、他の設定はその前でも後でもどっちでもいいのはわかる。

インストールが終わると、メディアを外して再起動することを促される。

なんか、嫌いな食べ物を「後に食べる」か「先に食べる」みたいな印象。

 

さて TrueOS の使い心地は?

BSD もフリーOSだが、Linux とは趣きが違う

ライセンスも BSD ライセンスに「近いライセンス」(チョット何言ってるかわかんないけど)と Linux のそれとも違うしね。

Ubuntu 系ばかり触れていると BSD はハードルが高い感じを受ける。

結論から言うと、個人的にはいろいろ△。

決して悪いワケではないけれども、良いワケでもない。

良い面で言えば、GUI 環境のおかげで初めてでも BSD に触れられるのはいちばんのメリットだと思う。

「すぐに、簡単に」使えることを目指してつくられたとのコトで、インストールからGUI環境で行うことができる。

またソフトウェアもブラウザは Firefox 、オフィスは LibreOffice と Linux でも定番のものが用意されている。

しかしながら、特に Ubuntu 系の Linux を GUI 環境メインで使っているユーザーなんかは、いろいろ使いにくさを感じて仕方ない。

日本語環境も完璧とは程遠く、英語がある程度理解できないと細かな設定は難しい。

Windows や macOS ばかり使っている人には余計に使いにくさを感じるだろう。

GUI 環境の使い勝手や情報量の面でいささか力不足を感じてならない。

 

個人的な意見ですが、

今から20年ほど前(2018年8月現在)、Linux も BSD も同じように情報があり、同じように手に入れられていた気がする。

しかし歳月は流れ、今は圧倒的に Linux の方が情報のみならず、使い勝手の面やシェアの面などなど BSD よりも優位にある感が否めない。

特に日本語環境においては余計に感じる。

BSD に対して「コミュニティが閉鎖的」だとか「インストーラーが不親切」だとか「サーバー運用に特化しているせい」だとかでマイナーになっているという話を聞く。

本当のところはわからないけれど、個人的には「安定」していて「使いやすい」OSであれば大歓迎。

ただし BSD は今まで辿ってきた経緯のためか、初心者にはハードルが高いというか使い難さを感じてしまうのは仕方ない。

初心者にわりと優しい Linux の方がメディアとかもとっつきやすく、その影響で知名度も上がる。

知名度が上がれば、その分興味を持つ人も増える。

当然そうなればシェアも増加していく。

シェアが増えれば情報も増える。

といった感じの好循環が Linux 界隈では行われているように思える。

BSD にもまだまだ根強いユーザーがいる。

TrueOS の情報も最近増えつつあるので、BSD がどんどん元気になってくるかもしれない。

機能的、技術的に切磋琢磨されることはユーザーとして大変喜ばしいこと。

Linux であれ BSD であれ、どんどん開発競争してもらいたい限り。

 

TrueOS の公式サイトは以下の URL から

TrueOS Discontinuation
Open Letter to the TrueOS Community TrueOS Discontinuation Hey TrueOS Community! I just wanted to take a few minutes to address what some of you may have alread...

コメント

タイトルとURLをコピーしました