【激安SSD】Patriot Burst 2.5″ 120 GB を買ってみた。

ベンチマーク測定ソフトも CrystalDiskMark (以降 CDM ) 意外にもたくさん存在していることに、改めて気づかされた。

今回、古いノートパソコン用に SSD を買うとき Patriot というブランドの SSD の数値欄をみて気が付いた ATTO というものもある。

なぜこの ATTO を知ったかというと、Amazon の商品情報が妙な書き方をしているのに気づいたから。

どんな製品?

僕はあまり耳馴染みがなかったが、メモリのメーカーとしては実績があるようだ。

たしかにメモリでなら、Amazon でこのブランドの文字を見かけたことがある。

PATRiOT → https://www.info.patriotmemory.com/

作りやパッケージングはしっかり丁寧にされており、また米国のメーカーということもあってか妙に安心感がある。

 

しかし先ほども少し触れたが、この SSD を買う前に Amazon の商品説明に妙なコトが書かれていることに気が付いた。

それまで僕は、 ATTO の存在を知らなかったので調べてみた。

調べてみると、それがディスクベンチマークの測定ソフトだと知った。

ATTO → https://www.atto.com/disk-benchmark/

ちなみに 240GB とかならば、ATTO と CDM の数値差がほとんどない。

このような数値の差は 120GB だけのようだ。

「計測するソフトウェアが違うと結果が違うんだろうなぁ」くらいに思い、使うマシンも FMV A-8280 だから、できるだけ安いものをと買ってみたのだ。

FMV A-8280 の仕様 → http://www.fmworld.net/biz/fmv/lifebook/0904/a8280/spec.html

FMV A-8280 のチップセットはモバイルインテル® GM45 Express なので SATA のリビジョンは 2.0 。

リビジョン 2.0 なら転送速度が 300 MB/s だから、それ以上の数値が出ているものであれば問題ない。

今流通している SSD の多くは SATA Revision 3.0 (転送速度 600 MB/s) 以上のものばかりで、古いパソコンには逆にもったいない気がする。

SSD のスペックで値段が安くなるのであれば、それもアリだなと思ったのだ。

 

性能チェック

手元に届くと、さっそく知ったばかりの ATTO で実測してみた。

たしかに商品情報の内容どおり高い数値をはじき出した。

次に CDM で計測。

こちらも商品情報に書かれていた通り。

先ほども少し触れたが、ソフトウェアによって「計測の仕方が違うんだろうな」くらいにしか思っていなかった。

実際に Web サイトで確認できる、この SSD の値もおおむねこの通りだった。

120GB PRODUCT SHEET → https://docs.wixstatic.com/ugd/20c502_3878ec4059c2447e86960db4a7cdf0ac.pdf

 

その後 Linux 用で使っていたが、前回紹介した記事のためにスクリーンショットを撮るべく、フォーマットしなおして計測したところ以下のような数値が…。

ん?なんでだ?

上記の結果は、一度だけではなく何度か計測してみた平均的な数値を選んだもの。

 

いずれにせよ使うのは FMV なので、転送速度は最高で 300 MB/s で充分。

この SSD アタリなのか、まぐれなのか。

フォーマットの仕方で速度が変わるものなのか?

最適化?

いずれにしろ推測の域を出ない。

SSD の中ではかなり安価な部類になるので、後でもう一つ買って検証してみようかな?

 

ソフトウェア

この SSD も、データ移行用のソフトウェアなどは Web サイトからダウンロードするタイプ。

 

PATRiOT の SSD ブランド ページ BURST のページ下部にダウンロードボタンがある。

 

インストールする

ダウンロードしたファイルをダブルクリックするだけでインストールが始まる。

 

しかし、ここで警告が出る。

 

インストールを続けるには「詳細情報」をクリックし、実行できるようにしなければいけない。

 

実行するとそのままソフトウェアが起動する。

 

あっ!

しまった!

この SSD 、別のパソコンに使ってた。

やっぱり専用のソフトウェアなので、デバイスが接続されていないと使えない。

でも画面を見る限り、できることは推測できる。

  • Summary …接続されているストレージの概要をみる(たぶん)。
  • S.M.A.R.T …接続されているストレージの障害を検知するための自己診断機能(たぶん)
  • Optimization …接続されているストレージの最適化を行う(たぶん)。
  • SecureErase …接続されているストレージの初期化(かな?)。
  • Firmware Upgrade …文字通りファームウェアのアップデート。

でもまぁ、僕は毎回フリーソフトウェアなどで初期化してしまうので、ツールが使えなくてもあまり不便を感じないので、今回はこれくらいで。

 

個人的な意見ですが、

ラッキーだったのか激安 SSD だったのにも関わらず、実はメジャーブランドに負けない性能を持っていた。

正直 SATA-300 のマシンに使うのがもったいなく感じてしまう。

しかし数値の変化が気になる。

ホントになんでなんだろう?

何かしら理由があるのであれば、メーカーで分かるはずだろうし。

やっぱり、もうひとつ買って確かめるしか方法はないか。

もしもこのブログを見たあなたが、PATRiOT BURST 120GB ( 240GB とかは普通なので) を買って、測定した数値を教えてくれても良いよ。

Amazon で見てみる→ https://amzn.to/2Bx9ifw

 

追記:

すべて終わってから気が付いた。

ATTO の方、CDM に単位寄せられた。