EndeavourOS 2019.12.22: オランダ発Archベースの軽量Linuxがリリースされたので試してみた。

Linux
広告

EndeavourOS は最新リリースとなる 2019.12.22 を 2019年12月23日にリリースされたので、さっそく試してみた。

EndeavourOS とはどんな OS ?

https://endeavouros.com/

EndeavorOS は Arch Linux に基づいたローリングリリース Linux ディストリビューション。このプロジェクトは、2019年5月に開発が終了した Antergos の精神的な後継者になることを目指している。

EndeavorOS はデフォルトで Xfce デスクトップを使用し、Calamares グラフィカルシステムインストーラーによってインストールされます。

オンラインモードとオフラインモードの両方でインストールを実行する機能が導入されています。

システムは Arch Linux にとても近く、自社開発の reflector-auto, eos-welcome, eos-update-notifier を除き、残りのパッケージは Arch リポジトリまたは AURか ら直接提供されるため、独自のパッケージバージョンのカスタマイズや変更は行われない。

今回の変更点の詳しい情報は
https://endeavouros.com/latest-release/

EndeavourOS の概要

  • ベース: Arch
  • アーキテクチャ: x86_64
  • デスクトップ環境: Xfce
  • パッケージ管理: Pacman
  • カーネル: 5.4.6

EndeavourOS をインストールするのに必要なスペックは?(推奨)

  • CPU: 64-bit プロセッサ
  • RAM: 1 GB (2 GB 以上)
  • DISK: 12 GB 以上

主なアプリケーション

  • ブラウザ: Firefox
  • マルチメディア: Parole マルチメディアプレイヤー

EndeavourOS の個人的な意見ですが、

Arch Linux をベースとし、デスクトップ環境は Xfce 、インストールには Calamares となると、いちばん最初に思い出すのが Manjaro 。GUI ユーザーでも Arch Linux を使えるようにした功労者といえるディストリビューション。Antergos もそれに続くものと思われていたが、突然開発が終了してしまった。その Antergos の精神的な後継者になることを目的として開発が始まったのが EndeavourOS 。

雰囲気は Manjaro に似ているけれども、プロジェクトでも「より Arch に近い」という表現どおり、独自のパッケージは現時点でほとんどなく基本的なパッケージは Arch リポジトリや AUR (Arch User Repository) からダウンロードする必要がある。

なるほど、Manjaro と Arch の間ぐらいのものなのかな?

EndeavourOS と Manjaro との比較

先程も少し触れたとおり、EndeavourOS はパッケージのほとんどを Arch リポジトリや AUR からというのがいちばんの違い。

Manjaro では独自のリポジトリを運用しており、基本的には Arch の公式リポジトリにアクセスすることはできない。Manjaro のリポジトリは Arch のリポジトリからソフトウェアのパッケージをコピーし、機能をテストした上でManjaro の公式リポジトリとして提供している。Manjaro リポジトリには unstable, testing, stable の3段階があり、テストなどの都合で Arch とくらべて 2週間程度パッケージの更新に差ができる。AUR は利用可能、なのでひつようなパッケージはコチラからビルドして使うことができるのが Manjaro 。

一方の EndeavourOS では、リジナルのパッケージは今の所 reflector-auto, eos-welcome, eos-update-notifier 程度のも。パッケージの大半は Arch リポジトリや AUR から提供されるものを使う。

雰囲気としては Manjaro だけれども、中身は思いっきり Arch Linux と言えるのが EndeavourOS といえる。まだ開発が始まったばかりの、とても新しい Linux ディストリビューションなのでこれからが非常に楽しみだ。

EndeavourOS の良かった点・悪かった点

良い

  • GUI ユーザーでもインストールできる Arch 系 Linux 。
  • 日本語対応もしている!
  • Arch らしく自分好みに環境が作れる。スキルアップのためには良い教材になりそう。

悪い

  • インストールは GUI でも、経験を積んだユーザーでないと使いこなせないかな…。
  • 日本語の設定も Manjaro と同じだが、初心者には難易度が高めかも。
  • 初心者向きではないな。

EndeavourOS のおすすめ度(5段階評価)

初心者向け度… ★★☆☆☆

Linux 初心者でも迷わず使えるかどうか。★が多いほどデスクトップ指向。

インストールこそ GUI 環境でできるけれども、中身は Arch のままと言ってもいいほどなので、ある程度の経験を積まないと使いこなせない。

日本語の環境… ★★☆☆☆

日本語表示および日本語入力ができるかどうか。★が多いほど設定も簡単。

日本語でインストールできるが、表示設定や入力設定だの設定しなければいけないところが多い。

システム要件… ★★★★☆

古いマシンでも快適に使うことができるかどうか。★が多いほど古いマシンでも使える。

Arch 由来の軽さと安定性。64-bit 版のみとなるが、その軽さは Linux トップクラス。最低限 64-bit である必要はあるが、そこそこ古いマシンでも快適に動作してくれる。

総おすすめ度… ★★★☆☆

全体的なおすすめ度。★が多いほどアナタに使ってみて欲しい Linux。

あまり初心者向けではないものの、スキルアップにはちょうど良さそうな Linux ディストリビューション。軽快で安定性の高い Linux を探しているのであれば、一度試してみてはいかがだろうか?

EndeavourOS に興味を持ったアナタは、下の URL を今すぐクリック!

ダウンロードする▶https://endeavouros.com/latest-release/

コメント

タイトルとURLをコピーしました