一言レビュー: Robolinux 11.04 MATE

一言レビュー: Robolinux 11.04 MATE

概要

リリース: 2020年7月10日

Ubuntuの最新の長期サポートリリースに基づく、ユーザーフレンドリーで直感的なOS。

推奨システム要件

一言レビュー: Robolinux 11.04 MATE
  • CPU: 64bit 2GHz デュアルコア以上
  • RAM: 2GB 以上
  • Storage: 20GB 以上

https://robolinux.org/

一言レビュー

Robolinux Series 11 の新機能は「Untracker」と呼ばれる商用アプリケーションを購入するオプション。

再起動する度にすべてのMACアドレスが自動的に変更されるため、PCまたはラップトップが連絡先を追跡または追跡できなくなります。

Windows XP または Windows 7 で事前構成された仮想マシンサポートパックを利用できる。

これにより Windows を Robolinux とシームレスにインストールして実行ができる。

Robolinux は Windows との連携がしやすくなっているが、個人的な印象はセキュリティ関連を強化した Ubuntu という感じ。

加えて、それぞれのデスクトップ環境で独自のカスタマイズが施されている。

Robolinux MATE 版ではというよりは MATE Compiz の機能となるが、ド派手な 3D Compiz デスクトップ切り替えが楽しい。

一言レビュー: Robolinux 11.04 MATE

設定は「コントロールセンター」⇒「MATE Tweak」にて。

一言レビュー: Robolinux 11.04 MATE