古い Mac の使い道【 iMac G5 編】蘇生計画 #2

Apple
広告

今回は、前回  #1 で目星をつけたパーツを集め、実装するところまで進めたい。

蘇生準備。

いよいよ iMac G5 の蘇生をはじめる。

まず、集めた情報を元にパーツを用意する。

 

まずは RAM 。

  • メモリチップ規格: DDR400
  • メモリモジュール規格 :PC3200
  • 最大動作周波数: 400MHz
  • 最大バスクロック周波数: 200 MHz
  • 最大転送速度: 3.20 GB/秒

この条件に合う RAM を手に入れる。

新品も手に入るが、心なしか安いヤフオクで様子を見てみる。

すると、なんと500円で RAM を落札できた!

 

 

 

…が、この時まだ自分のミスに全く気づいていなかった。

 

 

 

 

SSD を用意する。

次に SSD を用意するのだけれど Lubuntu がインストールできれば良いだけなので、容量の少ないものでも問題ない。

新品を用意するのに躊躇したので、ほかのマシンから拝借することにした。

古いシリコンパワーの SSD 32 GB。

用意したこれらを載せる。

 

作業開始。

この辺りの iMac は、RAM や ストレージにアクセスしやすい作りになっている。

メーカー的には新しいものを買わせたいのだろうが、最後まで使い倒したい物好きなユーザーとしては非常に助かる。

本体下のビスを3箇所回すと中身にアクセスできる。

ビスを回すといっても、ここのビスは外れないようになっているので失くす心配はない。

これが iMac G5 の中身。

RAM も HDD も、ひと目でわかる。

ノート PC とかよりも全然ラクだなぁ。

早速、RAM と HDD を交換する。

 

 

 

…この時もまだ、自分のミスに気づいていなかった。

 

 

 

作業の様子は動画を用意したので、そちらをご覧ください。

古い Mac の使い道:iMac G5 を再生させる #1

まだまだミスに気づいていない僕。

さて、あなたは僕のミスに気づきました?

気づいた方は、かなりの手練れですな!

 

次回はミスの答えと、いよいよ OS をインストールします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました