Arch 系 Linux : Antergos の日本語環境を整える。

Linux
広告

文字化けがヤバい Antergos だったが、今回はその文字化けの解消に加えて日本語環境を整えていく。

【開発終了】Arch 系 Linux の Antergos の日本語環境を整える。

Antergos の日本語化

日本語フォントのインストール

まずは読めないことには始まらない。

必要なフォントやパッケージをインストールする。

文字化けで、何が何やらさっぱりだけれども、アイコンを頼りに Pacman にたどり着く。

Manjaro でも同じアイコンだったからね。

 

とにかく文字化けをなんとかしたいので、日本語フォントを検索してインストールする。

検索窓に「 font japan 」とか入力してみた。

 

すると、それらしいパッケージが表示された。

「当たり」がどれかわからないので、とりあえず全部チェックしインストール。

 

依存関係にあるパッケージも合わせてインストールする。

ちなみに後から検証してみたら、「 Adobe 〜」のフォントがインストールできれば文字化けが解消できた。

 

っとその前に、パッケージをインストールする際には認証しなければいけない。

 

しかし、認証画面でパスワードをインストールするもエラー発生。

 

理由は明白。

なぜなら僕は、いつもパスワードのどこかに必ず「記号」を入れる。

その記号、 US キーボードと日本語キーボードではキーの位置が違う。

なのでエラーが出た時点で、設定されているキーボードのレイアウトも違うことがわかる。

ってことで、キーボードレイアウトの変更もしなきゃないねぇ。

 

設定確認

言語関係の設定を確認するべく「設定」→「 Region & Language 」を開いてみる。

案の定「入力ソース」には英語しか存在していない。

日本語の入力ソースを追加するために「+」をクリック。

ウィンドウが開くと「日本語」と表示されているので、「日本語」をクリック。

 

一覧が表示されるので、とりあえず「日本語」を追加しておく。

 

上に表示されたものから優先されるので、日本語を上位に移動させる。

ちなみに、以前紹介した Solus の場合には、ここで入力システムを設定する必要があったが、 Antergos はどうなんだろう?

まぁ、そんなことを思いつつ Arch 系には Fcitx も Mozc もあるので、その両方をインストールすることにした。

 

日本語入力システムをインストールする

Fcitx を検索すると、一覧が表示される。

同じ Arch 系ディストロ Manjaro を参考にして、必要と思われるパッケージを選択する。

インストールしたパッケージは以下の通り。

  • Fcitx (fcitx)
  • Fcitx 設定 (fcitx)
  • fcitx-configtool
  • fcitx-gtk2
  • fcitx-gtk3
  • fcitx-mozc
  • fcitx-qt4
  • fcitx-qt5

もちろんインストールの際に必要な、依存関係にあるパッケージも一緒にインストールする。

ちなみにターミナルで操作する場合には以下の通り。

# pacman -S fcitx fcitx-mozc fcitx-configtool fcitx-gtk2 fcitx-gtk3 fcitx-qt4 fcitx-qt5

 

インストールが終わったら、一旦再起動してみた。

 

日本語入力システムの設定

追加された「 Fcitx 設定」をクリックし、Fcitx の設定を行う。

 

やったことといえば「 Mozc 」の存在確認と、上位に移動させた程度。

 

「全体の設定」で入力メソッドの切り替え設定を確認する。

すでに必要な設定が行われていたので、特に何もすることなく完了させた。

 

ただし、この状態ではまだ日本語入力ができない。

いろいろ調べてみると Antergos 標準のディスプレイマネージャとして LightDM を採用している。

この LightDM 、スタートアップスクリプトファイルが必要のようだが、自動的に作られない。

なのでスクリプトファイルを作る。

 

スクリプトファイルの作成

Manjaro でも作成した「 .xprofile 」を Antergos でも作る。

Manjaro で日本語入力をする設定。
GUI でインストールできる Arch Linux 系ということで Linux 界隈では話題殺到の Manjaro Linux 。僕がLinux関連でよく参考にするサイトDistroWatch.comでも、最近12ヶ月の間(2018年8月現

Manjaro の時は「 .bashrc 」の修正もしたけれども、Antergos はどうなのかな?

とりあえず、ドットファイルが確認しやすいように「隠しファイルを表示する」にチェックを入れ、隠しファイルが見えるようにした。

 

「 .bashrc 」はあるけれども、やっぱり「 .xprofile 」はない。

 

テキストエディタで作成できるので、テキストエディタを起動させる。

 

テキストエディタで以下の入力をする。

export GTK_IM_MODULE=fcitx
export QT_IM_MODULE=fcitx
export XMODIFIERS=@im=fcitx

 

このファイルを保存する際に「 .xprofile 」として保存する。

この作業、最近はターミナルでやったほうが早い気がしてきた。

ちなみに、ターミナルで作業する場合は、以下のようなコマンドを実行すればできる。

$ echo -e \
"export GTK_IM_MODULE=fcitx
export QT_IM_MODULE=fcitx
export XMODIFIERS=@im=fcitx" \
> ~/.xprofile

 

方法はどうあれ、これで「 .xprofile 」ができた。

 

これでまた再起動してみる。

 

日本語入力テストしてみた

試しにターミナルで日本語入力をしてみたところ、無事に日本語入力への切り替えも、日本語入力もできた。

気が付けば、キーボードのレイアウト変更してなかった。

きっと Fcitx のおかげだろう。

でもあとで確認しておく。

おまけに今回は Manjaro の時のように「 .bashrc 」の修正しなくても日本語入力ができたのはありがたい。

 

XMODIFIERS の設定

Skype や Slack などの一部 GUI アプリケーションで、日本語入力できない場合があるらしい。

その場合は「 XMODIFIERS 」の設定を変更する必要があるとのこと。

こちらの処理は、以下のコマンドラインでしか見つけられなかったので、変更したい場合にはターミナルで作業しなければいけない。

$ gsettings set org.gnome.settings-daemon.plugins.xsettings overrides "{'Gtk/IMModule':<'fcitx'>}"

 

個人的な意見ですが、

Arch 系ということもあり、どうしても Manjaro と比べてしまう。

ん〜。

悪くはないと思うけれども Manjaro に比べ、あちこちに力不足を感じてしまった。

設定の手間などは対して変わらない気もするが、インストーラーなんかの不具合とかが目立つからかな?

どうにも Arch 系の良さが引き出せていない印象も受けるが、少し使い続けて Antergos のポテンシャルを確認していきたいと思う。

Antergos → https://antergos.com/

コメント

タイトルとURLをコピーしました