Windows のバイナリ互換 ReactOS 0.4.11 がリリースされたので、

2019年3月14日

Microsoft Windows のバイナリ互換を目指す ReactOS の最新版となる 0.4.11 が、2019年3月4日にリリースされた。

ReactOS とは?

Windows のバイナリ互換のフリー OS 。

以前、以下の記事でも紹介していたので、合わせて貼っておく。

今回の変更点は?

大きく以下の点が改良された。

  • カーネルの改良
  • アプリケーションの起動と停止
  • USETUPの改良
  • ネットワーキング
  • 安定性とテスト
  • サードパーティの同期

▼より詳しい情報は▼
Website >> https://www.reactos.org/project-news/reactos-0411-released

主なアプリケーション

今回のリリースには、わずかなアクセサリのみでアプリケーションがほぼインストールされていなかった。

今回の ReactOS には、ほとんどプリインストールされてない。

ReactOS をインストールするのに必要なスペックは?(推奨)

  • CPU: Pentium 以上
  • RAM: 64 MB  (256 MB 以上)
  • DISK: 450 MB (5 GB 以上
  • モニタ: 640 × 480 (VGA) 以上

▼より詳しい情報は▼
Website >> https://reactos.org/wiki/Installing_ReactOS

個人的な意見ですが、

安定性が高くなったと言うことらしいので、早速試してみることにした。

起動画面で日本語が選択できるけれども…。

BootCD イメージと LiveCD イメージが配布されているが、LiveCD はあくまでもテストのみで、インストールができない。

起動画面で言語を設定した後、以下のようにライブかインストールかを選択できるウィンドウが表示されるが、 LiveCD で起動しているときにインストールを選ぶとエラーになる。

LiveCD でもインストールできそうな気配だが…。

インストールをするのであれば BootCD を用意しなければいけない。

残念。LiveCD だとインストールはできない。

しかも LiveCD だと、日本語設定してもフォントが入っていないらしく”□”でしか表示されない。

きれいに文字化け。

なので今回、BootCD を VirtualBox にインストールしてテストしてみた。

インストールの詳細については次回紹介する。

その前に、インストール自体は特別問題はなかったけれども、ドライバをインストールする際に問題が発生した。

問題があったのは以下の3つ。

いくつかのドライバが使えない。
  • Audio Device on High Definition Audoi Bus
  • Ethernet controller
  • System device

特に Ethernet controller が使えないとなると、アプリケーションの追加もできない。

ドライバについては以下を参考にしてみたけれども、いまいちよくわからない。

Install a driver

Website >> https://reactos.org/wiki/Install_a_driver

いろいろ調べてみて” VirtualBox Guest Additions “をインストールするといいらしいので、やってみることにした。

▼こちらのサイトさま▼を参考にさせていただきました。
http://reactos.2chv.net/wiki/?VirtualBox+Guest+Additions%A4%F2%A5%A4%A5%F3%A5%B9%A5%C8%A1%BC%A5%EB%A4%B9%A4%EB

が、ここでも問題発生。

VirtualBox Guest Additions のインストールの最中にクラッシュする。

もう心が折れそう。

他社製ドライバパックも配布されているので、今度時間があるときにでもそちらを試してみようと思う。

Snappy Driver Installer

Website >> https://sdi-tool.org/?lang=en

それか、どれか実機で試してみよう。

とりあえず今回はここまで。

次回はインストールの手順を紹介する。

早く 1.0 がリリースされないかな。

▼ReactOS をチェックする▼
Website >> https://www.reactos.org/