Linux をデスクトップ OS として使う情報をメインに、オープンソース、フリーソフトウェア、クロスプラットフォームを中心とした FOSS (FLOSS) っぽいPC情報をお届けします。たまには Microsoft や Apple 、ガジェットや Web サービス、ときどき関係ないことも?!

Acer Aspire E5-571-H54G/K: カスタマイズの面倒なノートPCを娘のために愛情込めてカスタマイズしました。

time 2020/07/18

広告

パソコンが必要になった大学生の娘が、パソコン好きの父にねだると…。結論、カスタマイズされた中古パソコンをつかまされる。しかも OS は Linux ときたもんだ。

今回は、カスタマイズの面倒な Acer Aspire E5 を愛情込めてカスタマイズしました。

sponsored link

久しぶりの PC カスタマイズ。

2020年4月下旬。

例の感染症のせいで、ウチの娘はせっかく進学できた大学に行けずじまい。

入学式も講義も一切始まらない状況が続いた。

しかし学校側もいつまでもじっとしているわけではなく、とった手段が G suite を使ったリモート授業。

インターネット接続できるスマートフォンかタブレット、もしくはPCが必要になった。

当初、スマートフォンでも良いということだったが、画面が小さくよくわからないとのことでタブレットか PC が推奨された。

しかしスマートフォンしか持っていない生徒が思いの外多かったとのことで、学校側は急遽生徒全員に iPad の貸与を始めた。

だがしかし、中にはウチのようにそこら中にPCが転がっている家庭もある。

娘はリモート授業が始まることを知ると、PC が欲しいと言い出した。

PC に全く興味を示さない娘は、G Suite が使えればなんでもいいということだったので、新品を買うまでもないと思い、ウチにあるやつで間に合わせることにした。

用意したのは Acer Aspire E5-571-H54G/K (価格.comのページ)

Core i5-5200U を搭載した、我が家ではトップクラスのスペックを誇るノートPC。

RAM は DDR3-1600 4GB で、ストレージは 1TB HDD というもの。

いずれはカスタマイズしようと思っていたが、このままでもそこそこ動いてくれるので Manjaro Budgie をインストールして使っていた。

コレをカスタマイズしてくれてやろう。

ということで、カスタマイズの様子はコチラの動画で。

今回使ったパーツ

Acer は台湾のメーカーなので、パーツは台湾つながりで選びました。

写真左: Patriot Burst SSD 120GB、写真右: Team Elite SODIMM PC3L-12800

SSD

Patriot Burst 120GB
Amazon で見てみるhttps://amzn.to/2ZD07aR

アメリカのメーカーだけど台湾製。Patriot はかなりお気に入りのメーカーです。

RAM

Team Elite ノート用メモリ SODIMM 1.35V(低電圧)1600Mhz PC3L-12800
Amazon で見てみるhttps://amzn.to/3fDlmyS

台湾のメーカー Team のちょっといいモデル。なんだかんだで Team の RAM はよく使ってる。

ちなみに…。

かなり初期の動画ですが eMachines E732Z-A12B をカスタマイズしたときの動画もあります。

誰かの参考になれば幸いです。

…もう10年以上前の機種になるんだぁ。

eMachines E732Z-A12Bパワーアップ計画:その①

eMachines E732Z-A12Bパワーアップ計画:その②

eMachines E732Z-A12Bパワーアップ計画:その③

sponsored link

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください



sponsored link

おすすめLinux本