PC-FREEDOM

パソコンを使う初心者からヘビーユーザーまで、WindowsをはじめとしてMacやLinux、ChromebookやAndroid-x86などなど、意外に知らないパソコンの選び方やパソコンの使い方、おすすめフリーソフトウェアや便利な設定、パソコン関連の本の紹介など、パソコンをもっと自由に、パソコンをもっと楽しく使うための情報をあなたにお届けします。PCの自由をこの手に!

Windows10にしなければいけない理由とは?

time 2016/03/08

Windows10にしなければいけない理由とは?

「2016年7月29日まで無償アップグレード」以外のメリットがよくわからない人は「なんでWindows 7じゃだめなの?」「XPでもまだ十分使えるよ」という人もいるでしょう。世の中ではWindows 10が公開されてすぐに大型アップグレードもあり「バグばっかりのOS」と批判の声もあります。

Windows 10はだめなOSなのでしょうか?

sponsored link

Windows 10こそ「当たり」のOS⁈

Windows 10新しいものが好きな筆者もちょっと躊躇しましたが、わりとすぐにWindows 10を導入しました。躊躇した理由は「周辺機器やソフトウェアの対応状況」でした。

ですが、結論から言うと取り越し苦労でした。

Macなどでもそうですが、新しいOSだとドライバなどが対応しない周辺機器も出てきたりします。ですが、基本的にはOSのリリース前にはメーカー各社はファームウェアのアップデートや新しいソフトウェアを用意するなど、何かしらの対策を施しています。

まれに全く対策が施されていないソフトウェアなども存在しますが、専門的なソフトウェアだったり、ちょっと特殊なソフトウェアなど、あくまでも一部です。

一般ユーザーの利用するソフトウェアの場合、ほぼ問題ありません。

Windows 10はバグだらけの不良OS?!

Linuxなどを使ったりすると感じるのですが、確かに最新の技術ではたくさんの不具合がありますが順次改善されどんどん使いやすくなります。プログラムの構成も改善されプロセッサも効率よく動作させるようになっていきます。

同様なことが企業であるMicrosoftで行われないはずがありません。何せユーザーに買ってもらわなければいけないのですからね。

それにXPであれ7であれ、「出来が良い」と言われたかつてのバージョンでもバグがなかったわけではありません。SP1などアップデートがありました。

Windowsは一つ飛ばしに当たりがくる

Windows 10

古くからのWindowsユーザーの間では、まことしやかに囁かれているオカルトです。事実、使いやすさや安定性など非常に優秀なOSは確かに一つ飛ばしに出てきています。

個人的には大規模なトライ&エラーの結果だと感じます。

作り手の思惑とユーザーの使い勝手とのすり合わせの結果ではないでしょうか。

例えば前のバージョンであるWindows 8/8.1は革新的な試みがなされましたが、ユーザーに受け入れられることはありませんでした。…スタート画面は筆者も含め多くのユーザーは馴染めませんでしたからね。

基本的にはWindows 10は安定性に定評のあったWindows NT系(Windows 2000以降はXPなども含め全てNT系)の流れをくむOSなので、インターフェイスの使い勝手などを除けば優秀なOSには違いありません。

それでも古いWindowsを使いたい人へ

VirtualBox

VirtualBoxは無料で仮想環境を構築することができるソフトウェアです。

アップグレードしないデメリットは何と言っても「セキュリティ」です。

古いOSはサポートが切れてしまいます。サポートが切れるということは脆弱性があっても更新されない、改善されないということです。ウィルス感染やデータの損失のリスクがサポートされているOSとは比べものにならないくらい高くなります。

「XPとかVistaでないと動かないソフトウェアが使いたいから仕方ない」
「古いWindowsでないと使えない周辺機器があるから仕方ない」

という方もいるでしょう。全く方法がないのでしょうか?

わたしがおすすめするのは「Windows 10+仮想マシン」です。リソースは多少多めに必要になりますが、セキュリティ面で安心して使うことができるようになります。

参考:freesoft 100 仮想マシン、バーチャルPCとは

またWindows 10の新機能もフリーソフトで再現できたりしますが、後から追加したソフトウェアと初めからOSに搭載されている機能を比べれば、安定性やパフォーマンスは圧倒的に初めからOSに搭載されている方が良いです。

Windows 10のシステム要件

最小ハードウェアの使用

32bit 64bit
プロセッサ 1GHz以上のCPUまたはSoC(組み込みシステム)
物理メモリ 1GB以上(2GB以上推奨) 2GB以上(4GB以上推奨)
グラフィックス Direct X 9.0以上のGPU
ストレージ 16GB以上 20GB以上
画面解像度 800×600ピクセル以上
画面サイズ 8インチ以上

Windows 7もほぼ同様のスペックなので、Windows 7が動作するパソコンであれば問題なく使えます。

最後に

Windows 10にアップグレードするメリットはあれどデメリットはないと思います。2016年7月29日まで無償でアップグレードできるので、まだアップグレードしていない方はお早めに。

 

Amazonで確認する

(無料電話サポート付) できる Windows 10 (できるシリーズ)

sponsored link

down

コメントする






sponsored link