定番 Linux ディストロ Ubuntu をインストールしてみた。

Ubuntu のインストールは Ubiquity (ユービクィティ)という名前のインストーラーを使う。

このインストーラーは公式・非公式の派生など多くのディストロでも使われているので、他のディストロをインストールする時の参考にもなると思う。

Ubuntu には Japanese Team ( https://www.ubuntulinux.jp/home ) もあり、日本語環境を整備したリミックスもあるけれども、もともとの Ubuntu も日本語対応している。

今回は日本語リミックスではなく、オリジナルの Ubuntu でインストールを行う。

Ubuntu をインストールするのに推奨のスペックは?

まずはインストールするのに推奨されるスペックは以下の通り。

  • CPU: 2 GHz デュアルコアプロセッサ以上
  • RAM: 2 GB 以上
  • DISK: 25 GB 以上の空き領域
  • モニタ: 1024 × 768 以上の解像度

万が一、このスペックを満たさなくても Xubuntu や Lubuntu などであれば、使用する RAM やストレージが少なくても同様な環境で使うことができるので、そちらを使ってみるとよい。

 

Ubuntu をインストールする

用意した LiveUSB (または LiveCD や DVD ) から起動できるようにしたパソコンで Ubuntu を起動させると、早速インストーラーが起動する。

 

ようこそ

スクリーンショットは VirtualBox にインストールする様子。

まずははじめに、表示言語を選択する。言語の一覧をいちばん下までスクロールさせてると日本語がある。

選択すると表示が日本語に変わるので、表示が変わったことを確認し「 Ubuntu をインストール」をクリックしインストールを始める。

ちなみに、インストールせずに Ubuntu を使ってみる場合には「 Ubuntu を試す」をクリックするとライブ環境で Ubuntu を使ってみることができる。

 

キーボードレイアウト

キーボードレイアウトは、言語を選択した段階で選択されているので、ほとんどの場合は問題ないけれども、使っているキーボードが合っているか「キーボード入力をここで試してください」で任意のキーで入力して確認すると間違いない。

また使っているキーボードを検知するための「キーボードレイアウトを検出」もある。

クリックすると「以下のキーの打ち1つを押してください:」として、文字の一覧が表示される。

指示通りどれかひとつをタイプすると、あら不思議。

ちゃんとキーボードを検出してくれる。

それでも合っていない場合は、手動でキーボードレイアウトを探し出し設定する必要がある。

 

アップデートと他のソフトウェア

ここは自分の好みで選択する。

初期設定でも全く問題がない。

 

インストールの種類

クリーンインストールの場合はスクリーンショットの通り表示される。

他の OS がインストールされている場合は、

  • 先にインストールされていた OS を削除してインストールする
  • 先にインストールされていた OS と併用して使えるようにしてインストールする
  • ディスクを全て削除してインストールする

のいずれかを選択してインストールを続ける。

 

ディスクに変更を書き込みますか?

インストールの最終確認のウィンドウが開く。

問題がなければ「続ける」をクリックする。

 

どこに住んでいますか?

ここではタイムゾーンの選択を行う。

表示言語で日本語を選択していると「Tokyo」が選択されている。

問題がなければ「続ける」をクリックする。

 

あなたの情報を入力してください

ここではユーザー情報を登録する。

全ての項目を入力して「続ける」をクリックする。

 

これでインストールが始まる。

環境によって異なるけれども、およそ 20 分でインストールが終わる。

 

「今すぐ再起動する」をクリックすると再起動が始まる。

 

この画面が出たら、LiveUSB (もしくは LiveCD ) を取り出し[ Enter ]キーをクリックし、再起動を完了させる。

これで Ubuntu のインストール完了。

お疲れ様でした。

 

個人的な意見ですが、

先にも触れた Ubiquity (ユービクィティ) という単語を調べてみると、”至る所[広くあちこち]に存在すること、どこにでもある[いる]こと、遍在”と合った。

https://eow.alc.co.jp/search?q=ubiquity

この言葉にたがわず、このインストーラーはホントにたくさんのディストロで使われている。

シンプルでわかりやすいので、初心者にもわかりやすい。

個人的には Windows とかのインストーラーよりも楽かな?なんて思う。

また、このシンプルなインストーラーの内容をひとつひとつ理解していくと、インストールの時にどんな設定の必要かがわかってくるので、後々 CUI でのインストールもできるようになってくる。

はじめのステップとしては非常によいインストーラーだと思う。

ちなみに僕は、いまだにグラフィカル・インターフェイスのインストーラーに頼りきり。