PC-FREEDOM

パソコンを使う初心者からヘビーユーザーまで、WindowsをはじめとしてMacやLinux、ChromebookやAndroid-x86などなど、意外に知らないパソコンの選び方やパソコンの使い方、おすすめフリーソフトウェアや便利な設定、パソコン関連の本の紹介など、パソコンをもっと自由に、パソコンをもっと楽しく使うための情報をあなたにお届けします。PCの自由をこの手に!

WWDC 17 でいちばん魅力的な発表は?

time 2017/06/10

WWDC 17 でいちばん魅力的な発表は?

2017年6月5〜9日に開催されたAppleの開発者向けのイベントWWDC 17では、たくさんの発表があった。

新しいiPad Proや脅威のスペックを持ったiMac Pro、Siriを搭載したスピーカーHomePod、iOS 11、macOS High Sierraなどなどざっと挙げただけでもこれだけある。

18Coreのモンスター、iMac Pro

imac Pro

「iMac」ってコンシューマ向けの製品だったんじゃ…、とか言うのは古いMacユーザーくらいだろうが筆者はそう感じてしまった。

もうiMacは以前のコンセプトからはかけ離れ、一つのパソコンのブランドとして確立された証拠だろう。

このiMacが「Pro」として破格のスペックを持って登場するらしい。

CPUには8Core、Xeonを搭載だが、10Core〜18Coreまでアップグレードできるようです。

18Coreって一体どんなだろう?

GPUには新しい「Radeon Vega Graphics」を採用。

メモリは128GB ECC memory、SSDも4TBまでサポートされるようです。

リアルタイム3Dレンダリング、VRなどもこれくらいのスペックを持って入れば快適でしょう。

なるほどPro向けの贅沢マシンですな!

リニューアルのiPad Proシリーズ

 

iPad Proシリーズにも新しく10.5インチモデルが追加されました。

ベゼルはより細くなり、約20%も画面占有率が増えています。

重さは「1ポンド(453g)」程度とのこと。

ipad pro 10.5

9.7インチiPad ProのWi-Fiモデルが437gなので、サイズも重量も少し大きくなっているようですね。

今回のリニューアルでは、液晶画面に「ProMotion」機能が追加されます。

リフレッシュレートは60Hzから最大120Hzへと大幅に向上。

スクリーンのスクロールや動画が滑らかになることでしょう。

このリフレッシュレートはバッテリーの消費も考慮され動的に変化します。

静止画を表示しているシーンでは、リフレッシュレートを下げてバッテリー消費を減らしたりもするようです。

Apple Pencilも連動してレイテンシは20msに短縮されるとのこと。

これまで以上にApple Pencilで滑らかに書けるようですよ。

Apple Pencil愛用者としては嬉しい限りです。

スペック面では6CoreのA10X Fusionが採用されています。

従来のA9Xに比べると、CPUは30%向上、GPUは40%向上。

バッテリーの持ちはおよそ10時間。

カメラはiSightカメラが12MPでF1.8。

FaceTimeカメラは7MPです。

iOS 11でも紹介する予定ですが、iPadの買い替えを検討していた筆者にとってはビッグニュースでしたね。

 

sponsored link

down

コメントする






sponsored link