PC-FREEDOM

Linux をデスクトップ OS として使う情報をメインに、オープンソース、フリーソフトウェア、クロスプラットフォームを中心とした FOSS (FLOSS) っぽいPC情報をお届けします。たまには Microsoft や Apple 、ガジェットや Web サービス、ときどき関係ないことも?!

新 iPad Pro をはじめ Apple の新製品ぞくぞく!

time 2018/10/31

新 iPad Pro をはじめ Apple の新製品ぞくぞく!

2018年10月30日(米国時間)、Apple は新しい iPad Pro をはじめとした新製品を発表した。

Apple 信者としては見逃せないのだけれども、

sponsored link

新 iPad Pro 11 インチ & 12.9 インチ

iPad Pro 11 インチ

まずは iPad Pro 。

先日発売された iPhone 同様に、ホームボタンと3.5ミリのイヤホンジャックを廃止し、狭額縁デザインを採用した。

そしてリーク情報にもあった通り、接続端子は Lightning ケーブルから USB-C と変更されている。

発売は11月7日に予定されており、価格は11インチが8万9800円から、12.9インチは11万1800円から(いずれも税別)となっている。

個人的に思うのは、まずそのデザイン。

過去の iPhone 4 を思わせる、エッジのあるデザインは個人的にツボ。

しかも画面が11インチながら、サイズは前モデルの10.5インチとほぼ同等というのがそそられる。

いよいよ12.9インチの領域を犯すのでは無いか?

スペック的なところは、よくなっているのは当然だけれども USB-C 搭載ってところも思い切った感がある。

でも言われて気づいたが、確かにメリットは多い。

USB-C であれば外部ディスプレイやデジカメなどと、簡単にアクセスできる。

あ、アクセサリといえば、Apple Pencil と Smart Keyboard も新しくなったようだ。

特に Smart Keyboard は Folio の名前が追加されている上、今までとは異なり表裏両面から保護するデザインに変更されている。

なんだかサードパーティを排除するような印象を受けるのだが…。

 

新 MacBook Air

MacBook Air 13インチ

今度の MacBook Air はなかなか贅沢な作りに思う。

Apple 製品ではもはや定番の Retina ディスプレイは当然として、 Touch ID や感圧タッチトラックパッドが搭載されている。

筐体は軽さを生み出すためかアルミニウムが使われているが、そのアルミニウムは100%再生アルミニウムと、環境に優しい面も前面に出している。

稼働時間が12時間と長時間に対応させるためか、重量は現行の MacBook 12 インチよりステーキ1枚分(およそ330グラム)重い。

軽いノート PC が欲しくなった僕としては、買い替えを検討したいと思うのだが、MacBook と MacBook Air と MacBook Pro の3種類のラインナップには迷わされる。

もちろんハイスペックなのは MacBook Pro なのだけれども…。

 

新 Mac mini

新 Mac mini

こちらも噂されていた新型の Mac mini  。

確かにスペック的にミニな進化では無い。

おまけにお値段も、10万円以下ではあるものの以前よりもミニではなくなった。

3.6GHz クアッドコア第8世代 Intel Core i3 プロセッサ搭載モデルは8万8900円から、3.0GHz 6コア第8世代 Intel Core i5 プロセッサ搭載モデルは12万2800円から(いずれも税別)というお値段。

でもまぁ、Apple 製品の中では安価なモデルとは言える。

ちなみに BTO で 3.2GHz 6コア第8世代 Intel Core i7(Turbo Boost 使用時最大4.6GHz)を搭載することも可能。

筐体こそミニだけれどもスペックだけ見ると、第8世代の Intel クアッドコアおよび6コアプロセッサ、そして Intel UHD Graphics 630 を搭載したマシンは、確かにミニと呼ぶにはふさわしく無い。

Mac Pro までのスペックはいらないというユーザーや、コンパクトな置き場所しか確保できないユーザーなら間違いなく選ぶのは Mac mini だろう。

僕もそのひとり。

 

個人的な意見ですが、

毎回、Apple の発表はワクワクしてしまう。

買えるかどうかは別として…。

今回の新製品の発表も僕としては楽しかった。

その理由は、最近めっきり話題のあがらなうくなっていた MacBook Air や Mac mini に、再び焦点が当てられたため。

いずれの製品も、もしかしたらラインナップから消えるのかな?なんて思っていたけれどもそうではなかった。

MacBook Air は、その軽さから MacBook に取って代わられるのかとも思ったし、Mac mini はひっそりと姿を消すパターンかと思わざるを得ない状況だった。

価格的、スペック的にある程度の幅が確保された Apple の製品群。

物欲がムラムラしてたまらないけれども、お財布事情の芳しく無いのがツライ…(涙

Apple → https://www.apple.com/jp/

sponsored link

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

管理人室

コダシマ☆タカヒデ

コダシマ☆タカヒデ

夢見がちなシングル・ファーザーで、街にいるパソコン博士と呼ばれる類の1人。自称:永遠のパソコン中級者。 [詳細]



sponsored link

おすすめLinux本