PC-FREEDOM

Linux をデスクトップ OS として使う情報をメインに、オープンソース、フリーソフトウェア、クロスプラットフォームを中心とした FOSS (FLOSS) っぽいPC情報をお届けします。たまには Microsoft や Apple 、ガジェットや Web サービス、ときどき関係ないことも?!

キーボードについての話。

time 2018/10/16

キーボードについての話。

特別なこだわりというほどでもないが、毎日使うものだからこそ、人それぞれキーボードを選ぶ基準があると思う。

今回はキーボードについて話をしたいと思う。

sponsored link

キーボードの打鍵感

僕がキーボードを選ぶうえで、いちばん気になるのが打鍵感というかクリック感。

慣れればよいのかもしれないが、慣れるまで使い続けるのがつらい場合もある。

僕の場合は、まずキーボードの打鍵感を概ね5種類に分類している。

  • カタカタ
  • カシャカシャ
  • コトコト
  • パタパタ
  • パキパキ

キーボードのメーカーによって、その傾向がみられる。

個人的には以下のように感じている。

  • カタカタ…東プレ、PFU(Happy Hacking Keyboard)など
  • カシャカシャ…ロジクールなど
  • コトコト… サンワサプライなど
  • パタパタ…Apple、エレコム、バッファローなど
  • パキパキ…Appleなど

使ったことのあるメーカーを抜粋したのだけれど、個人的には「パタパタ」や「パキパキ」、「カタカタ」が好きだ。

とくに「パタパタ」がいい。

逆に「カシャカシャ」と「コトコト」は少々苦手だ。

なのでキーボードを探すときは、まず「パタパタ」した物から探す。

 

これらキーボードの打鍵感は、その構造によるところが大きい。

キーボードの構造は大きく分けて3種類。

  • メカニカルスイッチキーボード
  • 静電容量無接点キーボード
  • メンブレンスイッチキーボード

それぞれの特徴を確認していこう。

 

メカニカルスイッチキーボード

出典:Amazon

キーの数だけスイッチユニットがあるキーボード。

入力の確実性や打鍵感が心地よく、すこし高価だが根強い人気がある。

 

静電容量無接点キーボード

出典:Amazon

静電容量の変化でキー入力するキーボード。

機械接点がないため静かで耐久性が高く、打鍵感も心地よい。

非常に高価だが使い心地が病みつきになるため、こちらも根強い人気がある。

 

メンブレンスイッチキーボード

出典:Amazon

キーを押すと上下のシートが接触して入力を判断する仕組み。

最近ではラバードーム型のものが多く、パンタグラフと組み合わせて使われることが多い。

安価なため、最近では多くの製品がメンブレンスイッチを採用している。

 

それぞれにメリットとデメリットがあるが、最近の市場を見ると圧倒的にメンブレンスイッチのものが多い。

 

今人気のアイソレーションキーボードとは?

アイソレーションキーボード

「浮き石型」や「チョコレート型」などとも呼ばれる、各キーが独立した配置のキーボード。

キーとキーとの間に余白があり、隣接するキーを同時に押してしまうミスの軽減や、キーの間の掃除が簡単というメリットがある。

短いキーストロークと軽い打鍵感が実現できるメンブレンスイッチは、入力ミスが少ないアイソレーションキーボードとの組み合わせノートPCで採用される場合が増えた。

低コストと、入力ミスの少なさ、デザインなどで人気が高まると性能も高まり、デスクトップPCでも使うユーザーが増えてきた。

僕もその一人。

 

個人的な意見ですが、

僕は、MacBookでアイソレーションキーボードを知った。

はじめはキーストロークの短さに戸惑い、逆にタイピングミスが多くなった時期もあった。

しかし慣れると短いキーストロークが病みつきになった。

キーストロークが短いと、撫でるようにタイピングができる。

それこそ「パタパタ」と入力できる。

また長時間タイピングしても疲れにくいというメリットもある。

そのため今ではメンブレンスイッチというか、特にアイソレーションキーボードを好んで使う。

キーストロークは浅くても問題ないのだが、すこし手が大きいためキーピッチは19mmのフルサイズキーボードよい。

メンブレンキーボードは安価なものが多いためいろいろ試してみると、同じメンブレンスイッチのアイソレーションキーボードでも、メーカーによって打鍵感がだいぶ異なる。

個人的に少し硬めのはっきりしたクリック感があるキーボードが好き。

キーピッチや打鍵感が好きなキーボードは、USB接続のテンキー付きApple Keyboard。

出典:Amazon

残念ながらすでに販売は終わっているが、ずっと使っている。

Apple Magic Keyboardも打鍵感は嫌いではないが、今のところ買い替える予定はない。

しかしながら静電容量無接点キーボードも外せない。

古くからのMacユーザーであればHppy Hackingキーボードを、古くからのPCユーザーであれば東プレのキーボードをどこかで一度は使ったことがあるのではないだろうか?

出典:Amazon

非常に高価なキーボードであるがその使い心地を知ると、なかなか抜け出せない。

Happy Hackingはちょっと配列が独特だが慣れると、これまた病みつきになる。

打鍵感はLiteもなかなかよいが、Professionalのほうが断然良いと感じる。

東プレのキーボードは、何から何まで基本に忠実。

配列も特別なことはない。

しかしその使用感と言ったらキーボードのお手本というべき存在だと思っている。

まずはこのキーボードから使うのがよいと思うほどだ。

が、お値段もなかなか良いけどね。

毎日使うものだからこそ、良いものを用意しておきたいと思うのは僕だけだろうか?

今回はそんなキーボードの話でした。

sponsored link

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

管理人室

コダシマ☆タカヒデ

コダシマ☆タカヒデ

夢見がちなシングル・ファーザーで、街にいるパソコン博士と呼ばれる類の1人。自称:永遠のパソコン中級者。 [詳細]



sponsored link

おすすめLinux本