PC-FREEDOM

パソコンを使う初心者からヘビーユーザーまで、WindowsをはじめとしてMacやLinux、ChromebookやAndroid-x86などなど、意外に知らないパソコンの選び方やパソコンの使い方、おすすめフリーソフトウェアや便利な設定、パソコン関連の本の紹介など、パソコンをもっと自由に、パソコンをもっと楽しく使うための情報をあなたにお届けします。PCの自由をこの手に!

Windows 10のアップデートについての補足

time 2015/08/25

Windows 10のアップデートについての補足

先日、Windows 10へのアップデートをしました。その中でMBR(マスター・ブート・レコーダー)についてお話ししました。ですがこれは、あくまでも一部の環境についてです。

主に古いPCの環境についてなのですが…。

参考:Windows 10のアップデートの際に気を付けなければいけないこと。

Windows 7の場合、未フォーマットのHDD、SSDにWindows 7をインストールした場合にシステム予約領域ができます。フォーマット済みのHDD、SSDにWindows 7をクリーンインストールした場合にはシステム予約領域はできません。この場合はMBRの拡張の必要はなく、何も問題なくWindows 10へのアップデートができます。

ただし、これはMBRであってUEFI(高速ブート:Ultra Fast)の場合はまた内容が異なります。

参考:Windows ディスクパーティションとは

UEFIについては勉強不足のため詳しく解説はできませんが参考のディスクパーティションを見るとわかる通り「MBR=BIOS」、「UEFI>BIOS」という感じです。

試していないので定かではありませんが、UEFIの場合にもMSRという予約パーティションが作成されますが、初期設定のままでWindows 10のインストールができるようです。

Windows 7 でも64bit版については、特にシステム予約領域の拡張なしでWindows 10へのアップデートができたという情報が多くあります。こちらも勉強不足で正確なことはわかりませんが、64bit版の場合には扱えるメモリ領域が異なるため、もしかしたらシステム予約領域も32bit版よりも多いのかもしれません。

いずれにしろ、わたしの場合にはMBRの領域を拡張して問題は解決しています。

一つの解決策として試す価値はあるかと思います。

 

sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA


管理人おすすめ

管理人室

こ☆だ

こ☆だ

Twitter でフォロー



sponsored link