PC-FREEDOM

パソコンを使う初心者からヘビーユーザーまで、WindowsをはじめとしてMacやLinux、ChromebookやAndroid-x86などなど、意外に知らないパソコンの選び方やパソコンの使い方、おすすめフリーソフトウェアや便利な設定、パソコン関連の本の紹介など、パソコンをもっと自由に、パソコンをもっと楽しく使うための情報をあなたにお届けします。PCの自由をこの手に!

iPhoneで数千文字のメモをうっかり消してしまったら?

time 2016/05/18

iPhoneで数千文字のメモをうっかり消してしまったら?

筆者も知らなかったので、きっとまだ知らない人もいるかと思いますので紹介したいと思います。

iPhoneでうっかり消してしまった文章をすぐに元通りにする方法とは?

sponsored link

iPhoneで消してしまった文章が蘇る

iPhoneでメールなどの文字入力をしているときに、コピペを失敗して全削除した経験はありませんか?

筆者は、出先でこのブログの記事アイディアや、仕事上での書類の下書きなど、iPhoneでメモを取ります。

iPhoneはとっても便利ですね。メモとはいえ、場合によっては何千文字になることもあります。しかし、悲しいかなちょっと簡単なコピー&ペーストをしようとして、うっかり文章を消してしまうことがあります。せっかく打った長文を消してしまうとか、かなりショックです。

あまりのショックで思わずとった行動が実は正解でした。

筆者がとった隠れた(?)操作方法

うっかり数千文字のメモを消してしまって、筆者が思わずとった行動が「iPhoneを振る」。つまり、iPhoneをシェイクするだけです。

iPhoneでうっかり写真を消してしまったら?

iPhoneをシェイクすると画面に「取り消す – 入力」と表示されます。「キャンセル」と「取消」が表示されるので、そこで「取消」をタップすると、消してしまった文章が蘇るではありませんか!
便利なのはこの機能「ひとつ前の操作を取り消す」ための機能です。対応するアプリに限りますが、覚えておくと悲しい出来事は減らすことができます。

ちなみに、実はこれ、知ったタイミングとほぼ同じ時期に「ITmedia Mobile」でも紹介していました。

ITmedia Mobile
iPhoneでうっかり消してしまった文章をすぐに元に戻す方法

Appleのサポートページでも確認できるのですが、なかなかそこまで見てないですよね。

Apple
テキストを編集する

Amazonで確認する

いますぐわかる iPhone 6s iPhone 6s/6s Plus 対応 (インプレスムック)

sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA




sponsored link