Office

今日のPCネタ

Microsoft Office と高い互換性を持つ WPS Office を Linux で使ってみた。

Microsoft Office と高い互換性を持つと言われる WPS Office 。その Linux 版を改めて使ってみた。
クロスプラットフォーム

LibreOffice 6.2.2 をのぞいてみた。

LibreOffice は 6.2 ファミリーの3番目のリリースとなる 6.2.2 を、2019年3月21日に発表した。
Linux

Linux で WPS Office を使う。

見た目も使い心地も Microsoft Office (以降 MS Office )にそっくりの WPS Office 。 互換性も非常に高い WPS Office が Linux でも使える。
Linux

Evolution は Linux 界の Outlook 。

Evolution は Linux で使える電車メール、カレンダー、アドレス帳の統合機能を提供する個人情報管理アプリケーション。
Linux

WPS Office が Linux でも使えるってホント?!

WPS Office が Linux でも使える。 しかもただでさえ安い WPS Office が Linux 版だとさらに安い。 てか無料で使える。
クロスプラットフォーム

LibreOffice:クロスプラットフォームのオフィススイート

LibreOffice(リブレオフィス)は自由にダウンロードし使うことができるOpenOffice.org から派生した、クロスプラットフォームのオフィススイート(複数のソフトウェアがセットになったもの)。 無料で使えるオフィススイートと...
PCの使い方

LaVie Tab WのOfficeをeMachinesにインストール

Microsoftは個人利用が無料になったモバイル向けのOfficeを発表しました。このおかげで10.1インチ以下のタブレットでOfficeが無料で利用できるようになりました。 参考:Microsoft モバイル向けOffice …とい...
クロスプラットフォーム

自由に使えるオフィススイート:LibreOffice

LibreOfficeとは? さまざまなOS(オペレーティングシステム)で利用できる オフィススイート(スイート:必要なソフトウェアのセット)です。 表計算、ワードプロセッサ、プレゼンテーション、 さらにドローイング、データベース、...
タイトルとURLをコピーしました