PC-FREEDOM

Linux をデスクトップ OS として使う情報をメインに、オープンソース、フリーソフトウェア、クロスプラットフォームを中心とした FOSS (FLOSS) っぽいPC情報をお届けします。たまには Microsoft や Apple 、ガジェットや Web サービス、ときどき関係ないことも?!

Etcher で Linux のインストールメディアを作る。

time 2018/10/19

Etcher で Linux のインストールメディアを作る。

今回はSDカードとUSBドライブにイメージファイルを転送できるフリーソフトウェア Etcher を使って、USB メモリから直接ブートできる Linux のインストールメディアを作ってみる。

sponsored link

Etcher とは?

Etcher はクロスプラットフォームなので Windows でも macOS でも、そして Linux でも使うことができるソフトウェア。

見た目が同じ

クールなデザインはどのプラットフォームでも同じ。

Etcher を使って Linux のインストールメディアを作る

Windows 版の画面

Etcher を使って Linux のインストールメディアを作る

macOS 版

Etcher を使って Linux のインストールメディアを作る

Linux 版(Manjaro)

画面だけ見れば、どのプラットフォームで起動しているかわからない。

セットアップ画面もほぼ同じ。

 

Windows 版のセットアップ内容は以下の通り。

Etcher を使って Linux のインストールメディアを作る

Windows 版のセットアップ画面

  • Anonymously report errors and usage statistics to resin.io
    “匿名でエラーと使用統計情報をresin.ioに報告する”
  • Eject on success
    “成功時にイジェクトする”
  • Validate write on success
    “成功時に書き込みを検証する”
  • Include unstable update channel
    “不安定な更新チャンネルを含める”
  • Unsafe Mode [Dangerous]
    “危険なモード [危険]”

 

macOS 版のセットアップ内容は以下の通り。

Etcher を使って Linux のインストールメディアを作る

macOS 版のセットアップ画面

  • Anonymously report errors and usage statistics to resin.io
    “匿名でエラーと使用統計情報をresin.ioに報告する”
  • Auto-unmount on success
    “成功時に自動アンマウントする”
  • Validate write on success
    “成功時に書き込みを検証する”
  • Include unstable update channel
    “不安定な更新チャンネルを含める”
  • Unsafe Mode [Dangerous]
    “危険なモード [危険]”

 

Linux 版のセットアップ内容は以下の通り。

Etcher を使って Linux のインストールメディアを作る

Linux 版のセットアップ画面

  • Anonymously report errors and usage statistics to resin.io
    “匿名でエラーと使用統計情報をresin.ioに報告する”
  • Auto-unmount on success
    “成功時に自動アンマウントする”
  • Validate write on success
    “成功時に書き込みを検証する”
  • Unsafe Mode [Dangerous]
    “危険なモード [危険]”

※今回紹介した Linux 版は Manjaro のもので、Manjaro はリポジトリに存在する。そのためか、セットアップ画面の項目が一行足りない。
他のディストリビューションの場合は、インストールしなくても単体で起動できる。

Etcher を使って Linux のインストールメディアを作る

Manjaro は Etcher がリポジトリに存在する。それぞれのプラットフォームの違いといえば、転送が終わったデバイスを「イジェクト」するか「アンマウント」するか。

表現の違いくらいだ。

 

使い方が同じ

macOS と Linux では書き込む時にパスワードが必要だけれど、使い方はどれもほぼ同じ。

使い方は非常に簡単。

  1. イメージファイルを選択する。
    イメージファイルは青い[ Select Image ]をクリックして選びます。
    Etcher を使って Linux のインストールメディアを作る
  2. 転送するデバイスを選ぶ。
    PC に接続している USB ストレージが一つの場合は、自動的に認識される。複数の USB ストレージが接続されている場合は、青い[ Select drive ]をクリックして、表示された一覧から選択する。
    Etcher を使って Linux のインストールメディアを作る
  3. [ Flash! ]をクリックして書き込む。
    条件が整うと[ Flash! ]がクリックできるようになる。
    Etcher を使って Linux のインストールメディアを作るmacOS 版や Linux 版はパスワードが聞かれる。
    Etcher を使って Linux のインストールメディアを作る
  4. 終わるまで待つ。
    書き込みが終わると、設定に応じてチェックが行われる。時間は少し余計にかかるものの、インストール時のエラーも減るのでチェックはすべし。
    Etcher を使って Linux のインストールメディアを作る
  5. 書き込み終了。
    この画面が出れば終了。
    Etcher を使って Linux のインストールメディアを作るちなみに[ Flash Another ]をクリックすると、続けて書き込みができる。

設定などのほとんどが自動化されているので、使い方は非常に簡単。

しかもクロスプラットフォームなので、どのプラットフォームでも同じく使えるのが嬉しい。

 

個人的な意見ですが、

今いちばん評価も人気も高いのがこの Etcher 。

使ってみるとその理由がよくわかる。

とにかく分かりやすくて、使いやすい。

見た目も洗練さている。

しかもただ見た目がイイだけでなく、キチンと機能しているのがすごい。

まだ10回程度しか試していないが、出来上がった USB メモリのエラーが見られない。

よくできているソフトウェアだ。

これが無料で使えるのは、本当に良い時代になったもんだ。

ウェブサイト→ https://etcher.io/

 

sponsored link

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

管理人室

コダシマ☆タカヒデ

コダシマ☆タカヒデ

夢見がちなシングル・ファーザーで、街にいるパソコン博士と呼ばれる類の1人。自称:永遠のパソコン中級者。 [詳細]



sponsored link

おすすめLinux本