CloudReady をインストールして Chromebook を作ってみた。

Chrome OS
広告

数回にわたって紹介してきた CloudReady をいよいよインストールしてみた。

さすが企業が提供するオペレーティングシステム。

起動するかどうか不安があったが、無事に起動した。

その軌跡を今回は紹介したい。

CloudReady をインストールする

さて今回は、前回作っインストール用 USB スティックを使い、CloudReady をインストールしてみる。

CloudReady をインストールするのに必要なスペックは以下の通り。

  • CPU: 2008年以降のプロセッサ
  • RAM: 2GB 以上
  • DISK: 16GB 以上

そして今回テストに使うパソコンは、富士通の FMV C-8250 改。

スペックは以下の通り。

  • CPU:Intel Core 2 Duo T5500 1.66GHz
  • RAM:4GB
  • HDD:80GB

ちなみに、FMV の改造の様子は以下の動画でご覧ください。

廃棄待ちだった FMV C-8250 の CPU を交換してみた。

充分に必要なシステム条件を満たしているので、この FMV にインストールしてみることにした。

ただしストレージは SSD ではなく HDD に戻してある。

CloudReady のインストールで必要なものは、スペックのほかにネットワーク環境が必要になる。

ネットワークにつながず、スタンドアローンで使おうとしても、インストールすることもできない。

Web ブラウザベースのオペレーティングシステムだからと言ってしまえば身もフタもないが、今の世の中で何かしらのネットワークにつながずにいる方が難しい。

とにかく、インストールするパソコンには何かしらでネットワークにつながなければいけない。

今回のテストマシンには Wi-Fi アダプタが内蔵されていないため、有線接続か USB 接続できる Wi-Fi アダプタのいずれかになる。

用意したのは Buffalo の Wi-Fi アダプタ WLI-UC-G301N

BIOS の設定を確認し、パソコンを起動。

当たり前だがロゴは “ cloudready “ となっている。

表示言語の設定

初期設定は英語になっているので、まずは表示言語とキーボードの設定を変更する。

言語の設定にはもちろん日本語もあるので、日本語を選択する。

言語の設定をすると、それに伴ったキーボードの一覧が用意されるので、その中から選ぶ。

ユーザー補助機能の設定

音声でのフィードバックや、大きいマウスカーソルなどの機能のオンオフができる。

ちなみに画面中ほどに書かれている “ Enable debugging features “ はデバック機能を有効にする項目。

この機能を有効にするには一定の作業が必要になるので、このタイミングで「続行」ボタンをクリックしてもエラーになってしまう。

ネットワークへの接続

接続できるネットワークの一覧が表示される。

この中からインターネットへ接続するネットワークを選ぶ。

今回は Wi-Fi アダプタを使いワイヤレスでネットワークにアクセスしたので、もちろんパスワードの入力が必要になった。

有線 LAN でネットワークに接続する場合には、この手順は省かれる。

匿名データの収集について

“ Anonymous Data Collection “ には匿名データの収集についてのプライバシーポリシーが記載されている。

問題がなければ [ CONTINUE ] をクリックし先に進める。

「Chromebook」へログイン

Google アカウントを入力し先に進む。

Google アカウントのパスワードが求められるので、入力し先に進める。

プロフィール画像の設定

一覧のなかから好きな画像を選ぶことができる。

もちろん普段自分がアイコンで使っている画像も含まれている。

以上の設定が終わると、いよいよ CloudReady が起動する。

通常の Chromium OS をディスクへのインストールする場合、[ Ctrl ] + [ Alt ] + [ T ] でターミナルを開き、インストールコマンド( install/dev/sda )を入力してインストールする。

現在installコマンドは使えないみたいです。

しかしこの CloudReady には “ Install OS “ というボタンがあり、これをクリックするだけでインストールが始まる。

ClooudReady Installer

インストーラーでは2つの確認がされる。

ClooudReady インストーラー

開始する前に、データの最新のバックアップがあることを確認してください。 CloudReady をインストールすると、ハードドライブ上のすべてのデータが上書きされます。

Neverware isa はデータ損失の責任を負わず、CloudReady が未認証モデルで期待どおりに動作することを保証しません。

続行する準備ができている場合は、[Install CloudReady …]をクリックして、簡単な手順でインストールを進めます。コンピュータを変更する前に、もう一度確認する機会があります。

CloudReady をインストールする準備ができました

最後の1つのリマインダー。インストールはハードドライブ全体を消去します。バックアップしたいデータがあることを確認してください。

インストールが開始されると、取り消すことはできません。

と、脅しのような確認がされるが、問題がなければウィンドウ右下の [Erase Hard Drive & Install CloudReady] をクリックするとインストールが始まる。

CloudReady インストールの進行中

インストールが進行中です。機械の電源を切らないでください。インストールには20分以上かかることはありません。インストール後に自動的にシャットダウンします。

上記の通り、インストールにおよそ20分かかる。

またインストールが終了すると、いつの間にかひっそりとシャットダウンしている。

起動させれば CloudReady が立ち上がり、FMV も疑似 Chromebook になった。

インターネットへのアクセスは、さすがというべきか非常に快適。

Youtube ももちろん視聴できる。

がしかし、スペックの都合かは定かでないが、解像度の制限がかけられるようだ。

また僕は Amazon Prime に登録しているのだけれど、Amazon Video も Music も Flash Player を必要とするため、インストール直後は利用できない。

Amazon Video や Music を利用する場合には、設定画面を開き「 Media Plugins 」から「 Adobe Flash 」と「 Proprietary Media Components 」をインストールし再起動することで、使うことができるようになる。

個人的な意見ですが、

今回は、余っている HDD にインストールしてみた。

SSD 搭載マシンほどとはいかないが、HDD のマシンにしてはそこそこ動いてくれる。

しかしスマートフォンやタブレット PC ばかり使っていると、立ち上がりの弱さを感じざるを得ない。

Youtube などの動画再生だと、余計に重たさを感じる。

まぁ、スペックのせいもあるだろうけれど。

てか最近のデバイスはハンパないね。

それでも、Google ドキュメントの使い心地はそれほど悪くはなかった。

やっぱりドキュメントやスライドなどを立ち上げた際も、レスポンスの悪さを感じるものの、いったん立ち上がりのアクセスが落ち着けば、普通に使えるようになる。

何しろ、この記事の下書きは CloudReady をインストールした FMV で行ったのだから間違いない。

今回のようなケースの場合、僕的に「使っているマシンが低スペックだから」という意識が働き、他のアプリをあまり立ち上げずに用途を絞って使おうとする。

そのため、作業に集中できるという好循環が生まれる。

Chrome OS には、ほかのオペレーティングシステムにはない、なんとも言えない魅力がある。

「何でもあり」というわけではなけれども、「コレしかできない」をとことんまで突き詰めたオペレーティングシステムだと思う。

その結果 Web 端末としてはもちろん、デスクトップ OS としても十分な機能を持ち、パソコンのリソースを最大限に活かせるものとなった。

Windows 7 がサポート切れとなった 2017年を機に、価格の安い Chromebook を導入する企業が増えており、Chrome OS が日本でも徐々に普及しつつある。

書類が作れて、コミュニケーションが取れるならば Chrome OS でも十分。

Android との微妙な関係がずっと続いているものの、まだしばらく Chrome OS は存在し続けるものだと思う。

Neverware → https://www.neverware.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました