PC-FREEDOM

1ヶ月と1週間Apple Watch を使った個人的な印象とは?

time 2017/10/29

1ヶ月と1週間Apple Watch を使った個人的な印象とは?

2017年9月22日に発売された Apple Watch ですが、気が付けば発売からすでに1か月以上たちました。

そこで、1か月使ってみた個人的な感想をお伝えしたいと思います!


sponsored link

電話嫌いが解消?

筆者は電話が嫌いです。

電話をかけるのも、かけられるのも嫌いです。

にもかかわらず、筆者が選んだ Apple Watch はセルラーモデルです。

実は、これには深~い理由がありました。

電話が嫌いでも日常生活ではどうしても電話を使わなければいけませんよね?

「どうやったら嫌な電話を楽しくできるか?」

というのが課題でしたが、それを解消したのがセルラーモデルの Apple Watch です。

apple Watch series 3

嫌な電話が楽しくなる?

Apple Watch で?

そう思われる方も少なくありません。

まぁ、これは思いっきり個人的なイメージの話なので場合によっては全く理解してもらえません。

では、その嫌いな電話を楽しくした理由とはズバリ!

 

 

Apple Watch での通話です!

 

 

まぁ、手元に iPhone があれば、別にセルラーモデルでなくてもよいのですが、文字通り「手元の時計で通話する」姿は子供のころにあこがれたスパイ映画かSF映画のよう!

実際に何度か Apple Watch で通話しました。聞こえてくる音声は非常にクリアで何の支障もありません。こちらの言葉もクリアに聞こえていたようです。例えば、デスクで普通にパソコンの操作をしているくらいの距離であれば、特に大きな声でなくても会話が成立するくらい感度もよいです。

Apple Watch で電話が楽しくなる

連絡先は iPhone と連動しているので、「よく使う項目」や「履歴」なども iPhone と同じく使えるのがミソ。しかし、「連絡先」から電話番号を探すとなると、登録件数が多い人は場合によっては余計に面倒かもしれません。電話番号がわかっている人であれば、直接キーパッドで入力するのもよいでしょう。

とにかく Apple Watch で話すという通話スタイルが、なんだかワクワクさせてくれるため、わずかながら筆者の電話嫌いを解消しました。

寂しいあなたに?

筆者は10月に誕生日を迎えたのですが、誕生日当日は仕事で職場にいました。

夜も更けたころ、ふと Apple Watch に目をやると…

Apple Watch に誕生日を祝ってもらった

「お誕生日おめでと」の文字。

ひとり仕事をしていた筆者はジィ~ンとしてしまいました。

ちなみにこのメッセージをタップすると…

 

文字盤に風船が飛び交います。

これはちょっとうれしかったですね。

不健康な生活がモロばれ!

筆者が Apple Watch の購入を決定づけたのは、単体で通話できるようになったのが一番ですが、そのほかにも理由はありました。

それは「健康管理」です。

近頃、メディアなどで「 Apple Watch に助けられた」的なニュースを見かける機会が増えてきました。

身に着けているだけで健康状態をモニタリングできるのがこのデバイスの素晴らしいところ。

Apple Watch で健康管理

アクティビティのリングの色はそれぞれ意味があり、

  • 赤:ムーブ(消費カロリー)
  • 緑:エクササイズ(運動時間)
  • 青:スタンド(立っている時間)

を表しています。

GPSや加速センサー、心拍センサー、ジャイロスコープなどで、ほかにも様々な健康状態をモニタしてくれます。

当然ですが、このモニタされた内容は iPhone で確認できます。

アクティビティ

この機能を使うと、否が応でも意識してしまいます。

また、日々モニタされ自分の動向なども確認できるので、Appleが言っているとおり「パーソナルトレーナー」が付いたような気になります。

Apple Watch で健康管理

言ってるそばから、トレーナーよりアドバイスが来ました。

やっぱりスパイ映画!

マップがワクワクします!

実は、それほど出番がありませんが写真の通り現在地の位置検索が地図付きでできるため、映画で見たスパイが時計で地図を見ているシーンが再現できます!

Apple Watch で現在地を確認

これも iPhone のマップと連動しているため、ナビとして使うと便利です。

…が、Apple のマップは年々改善はされているものの、地図はやっぱり Google マップを使ってしまいます。Apple のプライドなのかもしれませんが、今のところ Apple Watch で Google のサービスはニュース&天気情報くらいしか使えません。残念。

時が解決してくれるかな?

Suica が便利と言うが、

筆者は東北の田舎に住んでいるため、Suica を使う機会が極めて少ないため検証していません。

でも、使えるときっと便利なんだろうなぁとは思います。

東京に行ったときに確認してみます。

まとめ

Apple Watch というかスマートウォッチに共通して言えることなのかもしれませんが、スマートフォンに比べて存在が地味です。スマートフォンのようにゲームができたり、写真が撮れたりといった機能がないため、表舞台(?)に出てくる出番が少ないです。

しかし、健康管理など普段気にも留めないところで頑張ってくれる「縁の下の力持ち」的存在です。使う場面が地味なため「無くてもイイ」存在に思われがちですが、一度使うと虜になります。

特に Apple Watch は時計として見ればすこし高価に感じなくもないですが、文字盤は非常に見やすく明るい屋外でも暗い室内でも認識できます。また文字盤のデザインも好きなものを選べるため、気分に応じて着せ替えするのも楽しいです。時計としての完成度は非常に高いと感じます。

また、健康管理のデバイスとしてこれだけシンプルで高機能なものをほかに知りません。ただ腕時計をするだけで健康状態をモニタしてくれるのだから、今の世の中でこれ以上簡単な健康管理のデバイスがあれば知りたいものです。

運動好きの方やアスリートはもちろんですが、筆者的には健康が気になる中高年に特におすすめしたいデバイスです。

Apple Storeで見てみる

新しいApple製品について詳しく知りたい方はApple Storeをのぞいて見よう!

sponsored link

down

コメントする






sponsored link