PC-FREEDOM

パソコンを使う初心者からヘビーユーザーまで、WindowsをはじめとしてMacやLinux、ChromebookやAndroid-x86などなど、意外に知らないパソコンの選び方やパソコンの使い方、おすすめフリーソフトウェアや便利な設定、パソコン関連の本の紹介など、パソコンをもっと自由に、パソコンをもっと楽しく使うための情報をあなたにお届けします。PCの自由をこの手に!

そういうことか!?

先日レビューしたiBUFFALO Bluetooth 3.0対応 コンパクトキーボード BSKBB22BKのレイアウトの件で新事実が発覚しました!

参考:PC-FREEDOM iBUFFALO Bluetooth 3.0対応 コンパクトキーボード BSKBB22BK

わたしが気づいていなかっただけだったかもしれませんが、衝撃的です!

iPhoneのソフトウェアキーボード先ほどちょっとしたメモを取ろうと思いiPadのメモ帳を起動しました。当然のことながらソフトウェアキーボードが同時に起動します。普段メモを取るときはiPhoneだったのでソフトウェアキーボードで入力する際はフリックです。だから気づいていませんでした。

←の通り初期設定のソフトウェアキーボードはスマートフォンならではのものです。

ですが、ですが、iPadのソフトウェアキーボードはより実際のキーボードに近い形で表現されており、一見するとわかりませんでしたが、よく見ると…、なんと右側のShiftキーがありません!

思わず「そういうことか~!」と声にしてしまいました。

実際にソフトウェアキーボードを使っていると、それほど右側のShiftキーを気にすることがありません。というか、ほぼ使いません。

iOSのソフトウェアキーボード

タブレットでテキスト入力するときは確かに右側のShiftキーは必要ないかもしれませんね。

でも、それはiOSやAndroidといったモバイル向けのOSの場合でのこと。Windowsではけっこう右のShiftキーは必要だと感じています。

想像するに、きっと開発会議では

A:「タブレットとかのソフトウェアキーボードで右にShiftキーないけど、そんなに不便じゃないよね」

B:「たしかにそうだね。俺も不便じゃないと思うね」

C:「無くてもよくね?」

全員:「右Shiftキー必要なし!決定!」

という感じだったのでしょうか?

まぁ、キーボードのないタブレットPCに向けた製品なのでしょうから、発想的には間違っていなかったのかもしれませんがAmazonでも皆さんがレビューされているとおり右側のShiftキーがないのはかなり不便です。

ソフトウェアキーボードは、あくまでもソフトウェアキーボードであってリアルなキーボードではありません。リアルなキーボードを使えば、やはりそこはリアルキーボードの機能を無意識に求めてしまうのでしょう。特にその対象がモバイル向けのOSではなく、PC向けのOSであればなおのことだと思います。

考えようによっては、「ソフトウェアキーボードーを画面から出しただけの製品」ととらえて使う分には割り切ることができるかもしれません。

sponsored link

down

コメントする






sponsored link