PC-FREEDOM

オープンソース、フリーソフトウェア、クロスプラットフォームを中心としたPC情報をお届けします。ガジェットやWebサービス、ときどき関係ないことも?!

LibreOffice:クロスプラットフォームのオフィススイート

time 2018/03/23

LibreOffice:クロスプラットフォームのオフィススイート

LibreOffice(リブレオフィス)は自由にダウンロードし使うことができるOpenOffice.org から派生した、クロスプラットフォームのオフィススイート(複数のソフトウェアがセットになったもの)。

無料で使えるオフィススイートと言ったら真っ先に名前があがり、圧倒的シェアを誇る Microsoft Office (以降 MS Office)とも相互運用できることで知られる。

ここ注目。

わりと誤解されているが、互換性があるわけではない。詳しくはのちほど。

sponsored link

ソフトウェアの構成

LibreOffice は以下のソフトウェアで構成されている。

 名称 概要
LibreOffice Writer Writer 文書作成
LibreOffice Calc Calc 表計算
LibreOffice Impress Impress プレゼンテーション
LibreOffice Draw Draw 図形描画
LibreOffice Math Math 数式エディタ
LibreOffice Base Base データベース管理システム

インターフェイス

LibreOffice:クロスプラットフォームのオフィススイート

インターフェイスは現行の MS Office で採用されているリボン形式ではなく、 MS Office 2003 に似ているので、以前からオフィススイートを使っている人からするとの少し古い印象を受ける。

基本的な使い方は MS Office とほぼ一緒なのだが、メニューなどの表現がいささか技術者色が強く、パソコン初心やなどからするとわかりにくい面もある。

データ形式

LibreOfficeでは ODF 形式を標準としているが、MS Office 97-2003形式やMS Office 2007 以降で採用されている OOXML のインポートおよびエキスポートができる。

相互運用性は高いのだが、実際にはデータ形式同士の互換性がないため、データの欠損が発生する場合があり日常的な変換には不向きとされる。

ライセンスの問題やらソースコードの問題やらと、とにかく大人の事情で、互換性ではなく相互運用性ということ。

ちなみに同じデータ形式を使う派生元の OpenOffice.org との間でも、ライセンスやらソースコードやらの問題で別物にっている。

個人的な意見です。

オフィススイートに関しては、MS Office に依存する必要はまったくないと思っている。

Office Online などで利用できるシーンや範囲が大きく広がったのはありがたいのだが、とにかくお金がかかる。

買取であれサブスクリプションであれ、いずれにしろお金がかかる。

貧乏人にはツライ。

本来であれば企業でも経費がかさむはず。

節税対策が必要な企業なら別だけど、基本的にはお金がかからないほうがいい。

データの互換性問題だっていうほど大変ではない。

大変なのは固定概念に凝り固まってしまった旧体制の頭の中。

MS Office にかけるお金があるなら、別なところにかけるべきでなないかな?と常々思っている。

「使い方の教育をしなきゃなくなる」
なんて企業側の反論は聞くに耐え難い。

まともにソフトウェアの使い方を教育している企業なんて、そうお目にかかれるものではない。

大概は個人任せ。

独学だったり、実費でパソコンスクールとかで勉強して覚える。

会社にあるパソコン全部にかけるソフトウェアの費用と、企業が率先して従業員にソフトウェアの使い方を教育する費用と、天秤にかけたらどちらの方がメリットがあるのだろうか?

「会社がお金を出してくれる」と言われると、悔しいが会社に感謝してしまう。
そんな感情もメリットではなかろうか?

そんな考え方なのかどうかわからないが、世界各国の官公庁や学校・病院・公共機関などでも LibreOffice(もしくはOpenOffice.org)を採用しているところが増えてきている。

いいことだ。

限りある資源(お金)は有効に活用すべき。

 

実際に MS Office に敵わないところもあるのは否めない。

膨大な資金をつぎ込み設計されたUX(ユーザー体験)設計は、なかなか真似できるものではない。

でも食わず嫌いせずに使ってみれば、意外と美味しかったりするもの。

おばあちゃんの作った、心にまで染みる煮物の美味しさにも似ている。

見てくれは若干古めかしい LibreOffice だけど、そのコストパフォーマンスは世の中にあるソフトウェアの中で最強だと感じる。

なぜなら LibreOffice ひとつあれば、手に取るほとんどの書類が作れるのだから。

自由と言う言葉がこれほど似合うフリーソフトウェアは他にない。

 

詳しくは https://ja.libreoffice.org/

#LibreOffice

sponsored link

down

コメントする




This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.



sponsored link