PC-FREEDOM

パソコンを使う初心者からヘビーユーザーまで、WindowsをはじめとしてMacやLinux、ChromebookやAndroid-x86などなど、意外に知らないパソコンの選び方やパソコンの使い方、おすすめフリーソフトウェアや便利な設定、パソコン関連の本の紹介など、パソコンをもっと自由に、パソコンをもっと楽しく使うための情報をあなたにお届けします。PCの自由をこの手に!

「Amazon1位」と「価格.com1位」はどちらが買い?

time 2016/03/20

「Amazon1位」と「価格.com1位」はどちらが買い?

以前、「ロケットニュース24」でもレビューされていた「Amazon1位」と「価格.com1位」の対決。

参考:【検証】Bluetoothスピーカーは「価格.com1位」と「Amazon1位」ではどちらが買いなのか? 音質をグラフにして確かめてみた

実際にどちらが「買い」のスピーカーなのか?Anker SoundCoreもあるので確かめてみました。

先日、「このスピーカーはやっぱり欲しい!」でBose SoundLink Mini Bluetooth speaker IIについて少し触れましたが、「価格」と「スピーカーの買いすぎ」で未だ実機は持っていません。しかし、実は「スピーカーの買いすぎ」の中の1台に、今回紹介する「Anker SoundCore」が含まれています。

sponsored link

「価格.com売れ筋ランキング1位」のBose SoundLink Mini Bluetooth speaker II

先日の店頭レビューに加え実機を購入した知人にも協力を得て、検証してみたいと思います。

価格帯が違うスピーカーなので、正直なところ「格が違う」感じもしますが、ポータブルスピーカーというカテゴリー(土俵?)は一緒です。逆に言えば、「価格の差ほど、音質の差があるのか?」というのも気になるところです。

耳で聞くだけだと、個人の好みや感覚に頼るところが大きいので、iPhoneの内蔵マイクで音を拾い音質をグラフ化してくれるアプリ「Audio Frequency Analyzer」を使い、YouTubeの周波数テストトーンの動画で計測しました。

圧倒的なBose SoundLink Miniの音質

さすがはBoseという音質は、すでにお伝え済みの通りです。伸びやかで透き通るような高音と、しっかりとしたパワフルな低音はコンパクトスピーカーの領域を超えています。特に驚くのがBose SoundLink Miniから放たれる低音域の豊かさ。重低音はサイズに似合わずズンズン響きます。Bose SoundLink Miniが欲しい最大の理由です。

analyzer-bose

実際にAudio Frequency Analyzerで得たグラフで確認してみると、高音から低音まで非常にバランス良く出力されていることが見て取れます。さすがというべき結果。

低音域が足りないAnker SoundCore

対してAnker SoundCoreですが、聴き比べるとBose SoundLink Miniよりも音質に厚みが足りない感じを受けました。Anker SoundCoreにはBose SoundLink Miniのような低音域の迫力がありません。ですが、決して「音質が悪い」印象は受けませんでした。むしろ「この音質で3,999円は安い」と思うほどです。

analyzer-anker

Audio Frequency Analyzerのグラフで確認すると、確かに160Hz以下の音域(特に40〜80Hz)の低音域がほとんど出力されていません。低音が迫力に欠ける理由ですね。しかし、それ以外は非常によく出力されているので、改めて「3,999円でこれは上出来」と思わざるをえません。

結論:「買い」のポータブルスピーカーは?

Anker SoundCore

低価格なAnker SoundCoreは気軽に持ち出せる上、音質も良好。おすすめのポータブルスピーカー。

比べてみた結果、個人的にはAnker SoundCoreが買いです。その理由は以下の3点です。

  • 3,999円という低価格
  • ほどほどに良い音質
  • 連続再生時間約24時間

ポータブルスピーカーは「気軽に使える」ことがいちばん重要だと考えるわたしは、Anker SoundCoreの方が優っていると結論づけました。

確かにBose SoundLink Miniの高音質には惹かれますが、貧乏人には25,980円という金額の商品を気軽に持ち歩いて使い倒す勇気がありません。

…というのが最大の理由でしょうか。

おまけの対決

一時、爆発的に人気が出た「JBL GO」について、このブログでも少しレビュー(衝動買い③:Bluetooth対応スピーカーJBL GOを買ってみた。)しましたが、JBL GOのコンパクトさには勝てないものの、価格はJBL GOよりもAnker SoundCoreは安価で音質も負けていません。何より連続稼働時間が約5時間のJBL GOに比べ、Anker SoundCoreは約24時間!(その分大きさが違いますが…)安心して持ち出すのはAnker SoundCoreになってしまいます。

事実、現在最も使用頻度の高いポータブルスピーカーはAnker SoundCoreです。「Amazonベストセラー1位」は伊達じゃぁありませんでした。

結局のところ、音質を求めるならBose SoundLink Mini。気軽さを求めるならAnker SoundCore。とりあえずAnker SoundCoreを買ってみてからBose SoundLink Miniを考えてみても良いと思います。

ちなみにわたしは、Bose SoundLink Miniが欲しいままですが…。

レビュー動画も合わせてご覧ください。

Amazonで確認する

Anker SoundCore ポータブル Bluetooth4.0 スピーカー 24時間連続再生可能【デュアルドライバー / ワイヤレススピーカー / 内蔵マイク搭載】(ブラック)

Bose SoundLink Mini II Bluetoothスピーカー ポータブル/ワイヤレス対応/通話可能 カーボン SLink Mini II CBN【国内正規品】

sponsored link

down

コメントする






sponsored link